【横浜FC|新体制】目標は「トップ10」入り。スタイルの継続と進化で躍進を期す

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年01月13日

補強について指揮官は「満足しています」

レンタルバックをのぞく今季の新戦力は11人(古宿は選手権決勝のため欠席)。前列左からマギーニョ、松尾、下平監督、熊川、瀬古。後列左から一美、志知、六反、星、小林、手塚。写真:滝川敏之

画像を見る

 13年ぶりにJ1昇格を果たした横浜FCが1月13日、横浜市内で新体制発表記者会見を行なった。

 同会見で、服部健二GMは今季の目標を「トップ10」と説明。昇格組のチームにとって決して簡単なミッションではないが、下平隆宏監督は、これまで積み上げてきたスタイルの継続と進化を強調。「しっかりポゼッションして、自分たちの時間を長くして、主導権を持って。その精度が上がれば十分に可能性はある」と意気込みを口にする。

 また中期目標として、「2022年までにJ1リーグへ定着」、「2024年までにいずれかのタイトル獲得、ACL出場権獲得」などが掲げられ、新シーズンをその足掛かりとするつもりだ。

 今季の新加入選手は、レンタルバックの市川暉記と安永玲央を除き、全部で11人。昨季は京都のエースとしてJ2で17ゴールを挙げた一美和成、柏時代に下平監督の指導を受けたゲームメーカーの手塚康平、攻守両面でアグレッシブに戦える志知孝明など、楽しみな戦力が加わった。指揮官も「必要な選手をしっかり揃えていただいて、補強としては満足しています」と話した後、「見ても分かると思いますが、イケメン揃いです(笑)。横浜の地に合うような爽やかなイケメンで、そこも期待してほしいです」と言って会場を盛り上げた。

 開幕戦の相手は天皇杯覇者の神戸。下平監督は「チャンスはあると思う。逆に(勝利を)狙っている」と表情を引き締める。ポテンシャルを秘めた若手はもちろん、三浦知良や中村俊輔など経験豊富な名手を擁するなど注目必至の横浜FCが、久々となるトップリーグで旋風を巻き起こせるか期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜FC新体制PHOTO】今季の目標はJ1トップ10!11人の新加入選手とともにJ1定着を目指す!

【横浜FC PHOTO】13シーズンぶりのJ1昇格でカズも唄う!笑顔&喜びの感動ギャラリー!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ