「考えないことは怠慢だ」鎌田大地が長期離脱の可能性。フランクフルトは代役MFの確保を検討

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月13日

アメリカ合宿中に悲劇が…

米合宿中に負傷した鎌田。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月8日にアメリカでトレーニング合宿を行っていたフランクフルトは、同じブンデスリーガのヘルタ・ベルリンとテストマッチを行なった。この試合で、鎌田大地が足首を負傷。靭帯を痛め、長期離脱の見込みとドイツメディアが相次いで報じている。

 鎌田の故障について、アディ・ヒュッター監督は「精密検査が必要」とコメントしているが、現地紙『Frankfurter Allgemeine』は足首の靭帯に裂傷を負っていると報じており、長期離脱は免れない見通しとされた。

 ただ、11日付けの現地メディア『LigaInsider』のロビン・メイス記者は、「従来の靭帯負傷よりも離脱は短くなる可能性があるようだ。3週間という見解も出ている」とも伝えており、クラブの公式発表が待たれる。

 フランクフルトはジェルソン・フェルナンデスが内転筋を痛めて、戦線離脱したばかり。さらに鎌田が離脱するとなれば、1月18日に再開するブンデスリーガ後半戦で巻き返しを狙っているフランクフルトにとって痛手だ。ヒュッター監督は、今冬の補強も考えなければならないと現地紙に明かしている。

「中盤の補強は必要になるかもしれない。そう考えないことは怠慢だろう。理想を言えば、アタックとディフェンス、それぞれで中央でプレーが可能なMFを確保できたら…」

 指揮官の要望通り、フランクフルトは補強ができるか。現地紙『Frankfurter Allgemeine』は「あまりにも動きが遅すぎる」と嘆きながらも、「守護神のケビン・トラップはそろそろ戻って来る、前線のバス・ドストも復帰の見込み。与えられた駒でどこまでできるかだ」と綴っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ