「僕は何も恐れはしない。でもね…」ネイマールが最も厄介なディフェンダーを激白!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月10日

バルサ時代にたびたびマッチアップ

ブラジル代表の大黒柱として君臨しているネイマールが、最もやりづらいDFを明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 セレソンのエースストライカーにとって、最も厄介な相手は一体誰なのだろうか。

 現地時間1月8日、ブラジル・メディア『Globo』の取材に応じたパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが、今までに対峙してきたDFの中で最も手強かった相手を口にした。

 スピーディーかつテクニカルなドリブルで観る者を魅了してきた27歳のクラッキは、『Globo』のインタビューで、「僕は何も恐れはしないよ。あるのはリスペクトだ」と前置きしつつ、「でもね……」と言ってこう続けた。

「対戦してきた中で最高のディフェンダーとして、僕がいつも話してきたのは、セルヒオ・ラモスだ。とても手強いし、彼がフットボールでやってきた全てのことに対して、大きなリスペクトがある。それ以外だと、ピケ、チアゴ・シウバ、マルキーニョスの3人のセンターバックだね」

 レアル・マドリーの不動のCBとして君臨してきたスペイン代表DFとは、4年間在籍したバルセロナ時代にたびたびマッチアップしてきた。時には激しく衝突することもあったが、そのバトルの中でリスペクトを抱いていたようだ。

 また、そのインタビューの中で、2019年について、「怪我をしては、リハビリに費やす。そんな苦しい年だった」と振り返ったネイマールは、2020年に向けて力を込めた。

「様々なことがあって、僕は押しつぶされそうになっていたよ。自分を取り戻さなければならない状況だったんだ。2020年の僕の目標は、パリ・サンジェルマンとブラジル代表で獲得できる全てのタイトルを手にすることだ」

 心機一転、2020年のネイマールは本調子を取り戻せるか。そのパフォーマンスに注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ