「100パーセント、フィットする」リバプールのレジェンドOBが、南野拓実の適応に太鼓判!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月06日

「クロップが望んで獲ったなら間違いない」

カップ戦でイングランドデビューを飾った南野。OBからの評価は上々のようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 リバプールに移籍した南野拓実は1月5日のFAカップ3回戦、エバートンとのマージーサイド・ダービーでデビューを果たした。試合後、ユルゲン・クロップ監督は「まさに求めていた選手」と、南野に賛辞を寄せている。

 同クラブのレジェンド、ジョン・バーンズは、南野が出場するか分からなかった試合前から、指揮官にぴったりの選手だと確信していたようだ。英メディア『FourFourTwo』のインタビューで「クロップが獲得する選手はみんな、彼を反映している。彼は自分が望む選手のタイプを分かっているんだ」と話した。

「多くの人がミナミノの名前を聞いたことがなかっただろうし、キリアン・エムバペやリオネル・メッシ、クリスチアーノ・ロナウドのようなビッグネームの補強ではない。だが、リバプールのファンはクロップを信頼している。彼が獲得するのは、彼が望む選手と知っているんだ。クロップが選手を獲る時、たとえ時間がかかっても、その選手はクロップが望むことに100%フィットする」

 クラブ悲願のプレミアリーグ制覇に向け、首位を独走しているリバプール。なかには、複数タイトルを目指して、リーグ戦よりカップ戦に注力する可能性を指摘する声もある。リバプールが国内で2冠を達成したのは、リーグ戦とFAカップを制した1985-86シーズンしかない。

 だが、クロップはエバートン戦で主力の大半を温存している。バーンズも、試合前から「2冠のことなど話してはいけない」と、プレミアリーグでの集中を切らしてはいけないと警鐘を鳴らしていた。

「2冠など考えていたら、次の試合に勝つことを忘れてしまう。クロップはトロフィーを見たりしていないと思うよ。彼は試合のことを考えている。優勝する最善の道は、次の試合に勝つことなんだ」

 当然、南野がプレミアリーグで出場機会を得るには、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーとポジションを競わなければいけないということだ。だが、エバートン戦で指揮官から称賛された南野だけに、今後が大きく期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ