選手権ベスト4決定!23年ぶり4強の静岡学園は矢板中央と、前回V青森山田はJ内定3名擁する帝京長岡と激突!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月05日

静岡学園の岩本がチーム二人目のハットトリックを達成!

ハットトリックを達成した静岡学園の岩本。23年ぶりの準決勝進出に貢献した。写真:田中研治

画像を見る

 全国高校サッカー選手権大会は1月5日、駒沢陸上競技場と等々力陸上競技場の2会場で準々決勝の4試合が行なわれ、第2試合では静岡学園(静岡)、帝京長岡(新潟)が勝ち、準決勝へ駒を進めた。第1試合では青森山田(青森)、矢板中央(栃木)がそれぞれ4強入りしている。

 駒沢陸上競技場で14時10分から行なわれた第2試合では、静岡学園と徳島市立(徳島)が対戦した。ここまで無失点で勝ち上がってきた両チーム。とりわけ徳島市立はGK中川真(3年)を中心に堅守を売りとするが、序盤から静岡学園のアタッキングサッカーが全開。前半15分にCKから主将のDF阿部健人(3年)のゴールで先制すると、同22分にもセットプレーから岩本悠輝が頭で追加点。さらに右サイドを突破した鹿島入団内定のMF松村優太(3年)からのクロスに岩本が再び頭で合わせ3点目。前半で3点をリードする。

 後半も個の能力に優れる静岡学園がペースを譲渡さない。30分には岩本がこの試合3点目を決めてハットトリックを達成。岩本は1回戦の井堀二昭(3年)に続く、チーム二人目の1試合3得点。結局4-0で勝利を収め、96年度大会以来23年ぶりの4強入りを決めた。

 一方駒沢陸上競技場で行なわれた第2試合、帝京長岡対仙台育英(宮城)も序盤に試合が動く。帝京長岡は来季の京都加入が内定する主将の谷内田哲平(3年)が先制点。前半を1点リードで折り返す。後半も帝京長岡が町田入団内定のFW晴山岬(3年)ら、攻撃陣を中心にゴールに迫り、押し気味に試合を進める。追加点こそならなかったものの、その後も愛媛入団内定の吉田晴稀(3年)ら最終ラインを中心とする堅守でリードを守り、帝京長岡が1-0で勝ち切り、新潟県勢として初のベスト4進出を決めた。

 また12時5分のキックオフで行なわれた第1試合では、青森山田が昌平(埼玉)に対し、前半に主将の浦和入団内定・武田英寿などの得点で3点のリードを奪うと、後半は反撃を許し2点を奪われたものの逃げ切り、3-2で勝利。また矢板中央は2年生FW多田圭佑の2ゴールで前半に2点をリードすると、その後は安定した試合運びで、四日市中央工(三重)に2-0で勝ち切った。

 この結果、1月11日に埼玉スタジアムで行なわれる準決勝では、第1試合で青森山田と帝京長岡が、第2試合で矢板中央と静岡学園が対戦することとなった。

 準々決勝の結果と準決勝の組み合わせは以下の通り。

◆準々決勝の結果
【等々力陸上競技場】
青森山田(青森)3-2 昌平(埼玉)
帝京長岡(新潟)1-0 仙台育英(宮城)
【駒沢陸上競技場】
矢板中央(栃木)2-0 四日市中央工(三重)
静岡学園(静岡)4-0 徳島市立(徳島)

◆準決勝(1月11日)の組み合わせ
【埼玉スタジアム】
青森山田(青森) vs 帝京長岡(新潟)
矢板中央(栃木) vs 静岡学園(静岡)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ