【神戸】イニエスタも三木谷会長も勝利の美酒に酔いしれた祝勝会…ビールかけの音頭を取ったのは

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年01月02日

三木谷会長の挨拶から始まり…

左からイニエスタ、三木谷会長、フィンク監督。酒樽の鏡開きも行なわれた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2020年の元日、天皇杯決勝で鹿島アントラーズを下して優勝を果たしたヴィッセル神戸は試合後、都内のホテルで記者会見と祝勝会を行なった。

 歓喜の宴は、三木谷浩史会長の挨拶から始まった。

「選手、スタッフ、そしてサポーターのみんなで掴んだ優勝だと思っています。今季はもう少し試合がしたかったという想いではないでしょうか。来季は2月14日のスーパーカップにはじまり、『もういいよ』というくらい試合があるんじゃないかと思いますけれども、アジアナンバーワンを目指して頑張りましょう」

 そんなスピーチに、選手だけでなく、トルステン・フィンク監督、そしてスタッフが呼応。全員が「オー!」と叫び、一致団結した。
 
 祭の音頭を取ったのが藤本憲明だ。決勝戦で2ゴールに絡み優勝の立役者となった“ラッキーボーイ”の「乾杯!」のひと言で一斉にビールかけがスタート。会場に用意された2000本のビール瓶はどんどんなくなっていった。

 アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャといった外国人選手たちもビールにまみれ、勝利の美酒に酔いしれたこの日は、神戸にとって歴史が変わった1日だ。

 創設25年目にして初めて掴んだタイトル。勝利の味を知ったクラブは、再び最高の美酒を味わうために、ここからさらなる発展を遂げそうだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ