神戸が新国立で天皇杯初優勝! 引退ビジャは後半アディショナルタイムからの出場で有終の美!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月01日

オウンゴールで先制し、藤本が2点目をゲット!

38分にチーム2点目を奪った藤本。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は2020年1月1日、決勝戦のヴィッセル神戸対鹿島アントラーズが行なわれ、神戸が2-0で勝利を収め、初優勝を飾った。神戸はこけら落としの新国立競技場でクラブ史上初のタイトルを飾った。

 試合は前半、序盤こそ鹿島が積極的な守備から神戸を押し込んだが18分、左サイドから切り込んだポドルスキが中央へ折り返すと、これが相手DFの足に当たり、鹿島ゴールに吸い込まれた。初の決勝進出で初優勝を狙う神戸が、新国立競技場での最初のゴールを挙げ先制した。

 さらに神戸は38分、右サイドからの西大伍のクロスボールを再び藤本がワンタッチで合わせ、ネットを揺らす。藤本のこの日2点目で、神戸が2-0と鹿島を突き放す。前半は神戸が2点をリードして終了した。

 迎えた後半も神戸が安定した試合運びで2点リードを保ち終盤へ。88分にアンドレス・イニエスタが交代。この試合で引退することが決まっているダビド・ビジャは後半アディショナルタイムの92分に途中出場した。

 結局、試合は2-0のままタイムアップ。神戸が天皇杯初優勝を飾った。盟友コンビの共演こそ果たせなかったが、ビジャは神戸のクラブ初タイトルの瞬間をピッチ上で迎え、見事な有終の美を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ