「150ゴールを挙げた9番を知っている」お騒がせ妻ワンダ・ナラ、旦那の仕事を“奪った”ルカクを辛辣批判!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月25日

「チャンピオンズ・リーグで得点することができなかった」

絶好調のルカク(左)に対して批判を展開したのは、かつてインテルのエースを務めたイカルディの妻ワンダ・ナラ(右)だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ベルギーの主砲が止まらない。今夏にマンチェスター・ユナイテッドを離れ、セリエAのインテルに加わったロメル・ルカクだ。

 デビューを飾ったレッチェ戦(セリエA第1節)でいきなり鮮烈なゴールを叩き込むと、それ以降もコンスタントに得点を量産。公式戦22試合で14ゴール・3アシストと好調を維持し続けている。

 セリエAで首位に立ち、絶対王者ユベントスの牙城を崩さんとするインテルを力強く牽引しているルカク。だが、その存在を認めない人物がいる。アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの妻で、代理人も務めているワンダ・ナラだ。

 その妻の奔放な発言に端を発し、インテルと対立したイカルディは、腕章もエースの座も失い、構想外となった。そして、今夏のルカク加入が決定打となり、パリ・サンジェルマンへと移籍(レンタル)。つまりワンダ・ナラからすれば、ベルギー代表FWは、旦那のポジションを奪った“敵”とも言える。

 それだけにワンダ・ナラは、ベルギー代表FWの活躍を快く思っていない様子だ。23日(現地時間)に自身が出演するイタリアのテレビ番組『Tiki Taka』で、司会を務めるジャコモ・ヴァレンテ氏が、「ルカクはマウロとは少し違って、チームのためにプレーができるリーダーの資質がある9番だ」と語ったのに対し、こう異議を唱えた。

「重要な試合で彼(ルカク)を見られるのは喜ばしいことよ。でも、彼はチャンピオンズ・リーグみたいな大舞台で得点することができなかったじゃない。その結果、彼はテレビで決勝トーナメントを見ることになったのよ」

 彼女の言う「9番を身に着けた前任者」とは、もちろんイカルディだ。キャプテンまで務めた旦那がルカクと比較され、卑下されたことに反応したのである。

 さらにワンダ・ナラは、こう続けている。

「私は今でもインテルを愛するサポーターよ。私がここにいるにもかかわらず、前の9番についてリスペクトを欠くような発言をしているから我慢ができなかった。私はクラブのために150ゴールを挙げた9番を知っているわ。でも、人々の心が常に変わることも知っている。ルカクもチャンピオンズ・リーグの後は、批判されていたけど、今では何かの現象のように称賛されているもの」

 これまでも幾度となく世間を騒がせる言動を繰り返してきたワンダ・ナラ。その“やっかみ”をルカクが気にすることは、おそらくないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ