Jリーグインターナショナルユースカップ、ライト・トゥ・ドリームが大宮U18を破り2連覇!日本勢同士の5位決定戦はG大阪に軍配

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月22日

得点王はFWバック。「本当に誇りに思います」

決勝では敗れたものの、準優勝という好成績を収めた大宮アルディージャU18。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月22日に「2019Jリーグインターナショナルユースカップ」の順位決定戦が行なわれ、決勝戦では、ライト・トゥ・ドリーム(ガーナ)が大宮アルディージャU18を3-0の快勝で下し、2連覇を達成した。

 試合は開始わずか3分にアダモ・ナガロが先制点を挙げると、その3分後にもGKのロングフィードから縦に速い攻撃を見せ、最後はカマル・ディーン・スレマナが右足で落ち着いて流し込み、ライト・トゥ・ドリームが早くも2点をリードする。追撃したい大宮だったが、相手のコンパクトな守備を攻略できず、後半7分にも華麗なパス回しから追加点を決められ、0-3で完敗を喫した。

 ライト・トゥ・ドリームは昨年に続き2連覇を達成。5得点を挙げ、今大会の得点王に輝いたFWノア・クローネ・バックは試合後のフラッシュインタビューで以下のように喜びを口にした。

「すごく嬉しいです。ここで日本のチームと戦える経験を得て、しっかり仕事ができたこと、そしてチャンピオンになれたこと、本当に誇りに思います。自分が得点することで、チームの勝利に貢献できたこと、本当に嬉しく思っています」

 また、3位決定戦ではCRフラメンゴがアビスパ福岡U-18に2-2でもつれ込んだPKの末に勝利。日本のクラブ同士の対決となった名古屋グランパスU-18対ガンバ大阪ユースの5位決定戦は、3-1でG大阪が勝利を手にした。
 
【2019Jリーグインターナショナルユースカップ 最終結果】

優勝:ライト・トゥ・ドリーム(ガーナ)
2 位:大宮アルディージャU18
3 位:CRフラメンゴ(ブラジル)
4 位:アビスパ福岡U-18
5 位:ガンバ大阪ユース 
6 位:名古屋グランパスU-18
7 位:光州FC(韓国)
8 位:BKヘッケン(スウェーデン)

【順位決定戦 結果】
●7位決定戦
光州FC 2-1 BKヘッケン

●5位決定戦
ガンバ大阪ユース 3-1 名古屋グランパスU-18

●3位決定戦
CRフラメンゴ 2(3PK1)2 アビスパ福岡U-18

●決勝戦
ライト・トゥ・ドリーム 3-0 大宮アルディージャU18

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ