【セルジオ越後】森保監督、ちゃんとJリーグを視察してるの?MVPが全然活きてない。ただ本当に酷かったのは…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月15日

今季のJリーグMVPを獲った選手がほとんど持ち味らしいものを出せないまま…

今季のJリーグMVPを獲得した仲川だが、不完全燃焼の出来に終わった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 E-1選手権の香港戦はパスを回す時間が長かった割には、ちょっと得点が少なすぎたね。もっとゴールを獲りに行く姿勢を出すべきだったし、途中からは相手のペースに合わせた感じになってしまって、日本の選手たちも集中力を保つのが難しい試合だったんじゃないかな。女子の台湾戦(9-0)と同じで、正直ここで何かを査定しようとしても、正確な評価をするのは難しいよ。

 それでも、小川がハットトリックをしたのは事実だから、触れておきたいと思うけど、3得点はどういう相手から獲ったのか。そこをしっかり見なければ、このハットトリックの価値を誤解してしまう。もっと高いレベルの相手、例えば韓国を相手に決勝点を獲るのと、どっちが値打ちがあるのか。報道する側は、そうした点もしっかり評価しないとね。

 一方でちょっと見過ごせない懸念材料もあった。この香港戦でA代表デビューを飾った仲川がまるで目立っていなかったことだ。今季のJリーグMVPを獲った選手がほとんど自分の持ち味らしいものを出せないまま終わってしまった。

 マリノスと代表のシステムが違うから、あるいは、求められている役割が違うから、フィットするまで時間がかかる? いや、だったら森保監督は何のためにJリーグの試合を視察しているのかな。

 マリノスでは中央でブラジル人がゲームを作って、仲川は外から内へ切れ込んでいくドリブルやディフェンスラインの裏に飛び込んでいくプレーが多かったよね。その役割は相馬がほとんどやっていて、仲川が裏に飛び出そうにもボールは出てこない。Jリーグで今年一番活躍して目立った選手が全然活かせていないって、ものすごい宝の持ち腐れだよ。

 3バックで窮屈そうなプレーに終始した仲川だったけど、それでも森保監督は3バックに固執するのか、あるいは3バックのまま彼を活かせるやり方を見つけるのか。韓国戦が見ものだね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ