「ナカジマのゴールがポルトを救う」中島翔哉が移籍後初ゴール! チームをカップ戦ベスト8に導く

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月20日

公式戦初ゴールは泥臭さ全開

ここのところ先発起用が増えている中島。指揮官の期待に応えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ポルトガルの名門ポルトに所属する日本代表FW中島翔哉が、19日に行われたポルトガル・カップ5回戦のサンタ・クララ戦で、公式戦初ゴールを決めた。この1点が決勝点となり、ポルトはベスト8進出を決めている。

 トップ下で先発出場した中島は試合開始から躍動。前線に果敢に飛び出せば、得意のミドルシュートで相手ゴールを急襲するなど、攻撃陣を牽引した。

 初ゴールが生まれたのは0-0で迎えた29分。右サイドからヘスス・コロナがDFをかわしながら上げたクロスを、倒れ込みながら押し込み、貴重な先制点を奪取した。

 その後もポルトが主導権を握る展開が続いたが、追加点は奪えず。しかし、守備陣が奮闘してこの1点を守り切り、1-0で勝利した。

 スペイン紙『MARCA』は「ナカジマの太ももによる唯一のゴールがポルトを救う」と報道。一方、ポルトガル・メディアの『zerozero.pt』は「青と白のジャージを着た日本人プレーヤー、ナカジマによる初の公式戦ゴールンのみという結果。わずかな利点しかないチームの勝利だ」と、ポルトの得点力不足を嘆きながら、このゴールを紹介している。

 ポルトは12月22日にリーグカップのグループステージ最終節でシャベスと対戦する。中島は再び、チームを勝利に導くことができるか。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「彼がいなかったら…」リバプール移籍決定の南野拓実、ザルツブルクの韓国代表FWに惜別のメッセージ
「ようこそ、タクミ!」「この金額なら迷わない」南野拓実にリバプールの“重鎮”イアン・ラッシュらOBも期待!
EL決勝T1回戦のカードが決定!長谷部&鎌田vs南野&奥川の対決が実現!! 中島のポルトはレバークーゼンと激突
中島翔哉への“ブチギレ騒動”もあったポルト指揮官が敵将を殴る!? ポルトガルで物議を醸す
“燃費の悪いドリブル”になぜこだわる? 中島翔哉に捧げたい「久保建英の言葉」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ