鎌田大地のEL2試合連続ゴールも実らず、フランクフルトは逆転負け。決勝トーナメント進出は…

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月13日

鎌田の2試合連続ゴールも、終盤で逆転を許す

アーセナル戦の2ゴールに続き、見事にゴールを決めた鎌田だったがチームは逆転負けを喫した。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月12日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第6節が各地で行なわれた。長谷部誠、鎌田大地が所属するドイツ1部のフランクフルトは、ポルトガルのギマラエスをホームに迎えた。

 前節でアーセナルをロンドンで下したフランクフルトはグループFの2位に浮上。この試合に勝てば文句なしの首位通過が決まるとあって、スタジアムには多くのサポーターが詰めかけた。

 長谷部、鎌田ともに先発したフランクフルトは序盤から積極的にゴールを狙うが、先制はギマラエス。8分、DFの隙をついたロチアーナにゴールを許した。

 その後はフランクフルトが優位に試合を進める、31分にはダ・コスタと争ったギマラエスDFのオウンゴールで同点。そして、38分には左サイドから崩し、フィリップ・コスティッチの低めのクロスに、中央に走り込んだフリーの鎌田が合わせ、勝ち越しに成功する。サポーターは「信じられないほど素晴らしい!」と称賛している。

 後半は一進一退の攻防が続く。ギマラエスもかなり前がかりとなり、長谷部やマルティン・ヒンターエッガーらは対応に追われる。

 77分には守備に戻った鎌田がファウルをとられ、FKを与えてしまうピンチを招いたが、直接狙ったFKはGKレノがしっかりキャッチし難を逃れる。

 だが、さらに攻勢を強めたギマラエスにCKを与えてしまった85分には同点ゴールを許し、その2分後には逆転ゴールを許してしまう。

 結果、2-3で敗れたフランクフルト。同グループでは、アーセナルがスタンダール・リエージュと引き分けたため、勝点11ポイントで首位通過を決めた。

 また、ホームで衝撃的な逆転負けを喫したフランクフルトだが、勝点9ポイントを獲得し、1ポイント差でS・リエージュを上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「キング・カマダだ」「この時を待っていた!」2ゴールの鎌田大地を独紙が大絶賛! 英紙も脱帽
「アリガトウ、カマダ」アーセナルサポが鎌田大地へ感謝? OBから痛烈批判のエメリ監督は「解任間近」と現地報道
「自信に満ちている」「大切なのは…」長谷部誠が語った、鎌田大地がブレイクした理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ