「ONE TEAM」で団結したパリSGが、ガラタサライを5-0で粉砕! ネイマールとエムバペがともに1G2A達成【CL】

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月12日

ガラタサライは為すすべなく…

PKを決めたカバーニにまずネイマール(10番)が駆け寄り、エムバペらも一緒になってもみくちゃになって歓喜の輪を作った。。 (C) Getty Imaages

画像を見る

 現地時間12月11日、チャンピオンズ・ローグ(CL)第6節が行なわれた。

 グループAの長友佑都が所属するトルコ1部のガラタサライは、ホームに昨季フランス王者のパリ・サンジェルマンを迎えた。

 ガラタサライでは長友が左BSで先発。パリSGの強力なアタッカー陣、マウロ・イカルディ、ネイマール、キリアン・エムバペ、パブロ・サラビアと度々マッチアップし、対応に追われた。

 静かな始まりでスタートしたこの一戦だが、ガラタサライは勝利のために、序盤は耐えていた。しかし、32分にネイマール、エムバペとつないでからのイカルディがゴールを決め、先制点を挙げた後は、パリSGが完全に主導権を握る。

 35分には、ネイマールのスルーパスからサラビアが抜け出し、自ら角度のないところからシュート。これが決まると、46分にはエムバペのアシストでネイマールがゴール。前半だけで3点をリードする。

 後半に入り、追いかける立場のガラタサライは、エンジンをかけるべく62分にラダメル・ファルカオを投入する。

 だが、63分に、再びネイマールのアシストでエムバペが4点目をゲット。ガラタサライに対して一切手を抜かず、追加点をあげた。

 さらに、81分にはエムバペがエリア内で倒されPKを獲得。これをキッカーのネイマールが、途中出場のカバーニに譲るという驚きの場面が。カバーニとGKムスレラというウルグアイ代表同士の対峙に緊張が走ったが、往年のエースはこれをきっちり決めてみせた。

 選手たちは一丸となって喜び、この様子にパリSGの指揮官トゥヘルも拍手を送るほど。試合はこのまま5-0で終了し、すでに決勝トーナメント進出を決めているパリSGが危なげなくCLのグループステージを終えた。

 一方のガラタサライは6試合通じて1得点と得点力不足が懸念される出来となった。GS敗退が決まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ