「大爆笑」「お前じゃない(笑)」「まさにバカ」モナコMFの“背番号勘違い”に大反響!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年12月09日

ご満悦の様子でピッチサイドに近付いたが。

今夏に復帰したモナコでは「6番」を付けているバカヨコだが…。(C)Getty Images

画像を見る

 モナコに所属するフランス代表MFのティエムエ・バカヨコが、現地時間12月7日のアミアン戦で“ド天然”ぶりを見せつけた。
 
 3-0でリードしていた81分だった。モナコはジャン=ケビン・オギュスタンの投入を準備し、交代ボードには「14番」が掲示されていた。しかし、スタンドに拍手をしながらご満悦の様子でピッチサイドのオギュスタンに近付いたのは、なんと「6番」のバカヨコ。そう、交代が自分だと勘違いしていたのだ。
 
 スタッフに「お前じゃないぞ」と言われて勘違いに気付いたバカヨコは、頭をかいて大爆笑。“本物の14番”のケイタ・バルデ・ディアオとハイタッチをしてプレーに戻り、場内は笑いに包まれた。
 
 今夏に古巣モナコに復帰したバカヨコは、1回目のモナコ在籍(14~17年)をはじめチェルシー、ミランとここ5年はずっと「14番」を付けており、このナンバーが頭に染み付いていたのだろう。明るい天然キャラクターとして知られるだけに、こんな“勘違い”に繋がった。
 
 この交代シーンの動画をモナコが公式ツイッターにアップすると、ファンからは「この試合で最高のシーン」、「かなり笑った」、「お前じゃない(笑)」、「大爆笑」、「自分の背番号が分からない選手がいるとは(笑)」、「バカ(バカヨコの愛称)は日本語でバカの意味だが、まさにだな」と反響が相次いだ。
 
 さらにバカヨコ本人は、「14番にしてください」と自虐コメント。そしてチームメイトのセスク・ファブレガスも「バカにしかできない動きだった。笑いが止まらなかった。愛してるぜ兄弟」と反応した。
 
 何とも微笑ましいシーンと反響だった。
 
構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ