マドリーが2点差を追いつかれてパリSGとドローもCL16強進出! ベイルには再びマドリディスタの罵声が…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月27日

怒涛のゴールラッシュを見せたパリSG

2ゴールを叩き込んだベンゼマ(右)の出色のパフォーマンスも実らせられなったマドリーだったが、内容は決して悪くはなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月26日、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージの第5節が開催され、グループAでは、マドリードのサンチャゴ・ベルナベウで、2位レアル・マドリーと首位のパリ・サンジェルマンが対戦した。

 すでに16強進出を決めているパリSGを、マドリーが本拠地で迎え撃った一戦は、開始早々にホームチームが均衡を破る。

 17分、エリア内右でボールを受けたバルベルデが中央へ折り返すと、イスコがダイレクトシュート。これは左ポストへ当たるも、こぼれ球を拾ったベンゼマが押し込んだ。

 引き分け以上で決勝トーナメント進出が決められるマドリーは、さらに攻勢を強めて主導権を握る。一方のパリSGは、相手のチェックに苦戦を強いられて、小気味よいパスワークが鳴りを潜める。

 マドリーの攻守に渡る良さが目立った前半は終了間際に物議を醸すシーンが起きる。

 42分、敵エリア内へ抜け出したパリSGのイカルディがマドリーの守護神クルトワと接触し、後者の一発退場とPKが命じられる。しかし、VARチェックの結果、このシーンが起きる前にピッチ中央でゲイエがマルセロを押し倒していたとして、レッドカードも、PKも、取り消されたのだ。

 主審のレフェリングによって、スタジアム全体が異様な雰囲気となるなか、前半はマドリーが1点をリードして折り返した。

 迎えた後半、46分に迎えたピンチを守護神ナバスのファインセーブで逃れたアウェーチームは、開始と同時に投入していたネイマールにボールを集中させる。長く怪我に悩まされ、今シーズンのCL初出場となったエースは、的確なワンタッチパスで、チームにテンポを生み出したが、相手の堅牢は突き崩せない。

 かたや危なげなく試合を進めたホームチームは、69分にピッチ外の話題に事欠かないベイルを投入。しかし、これに本拠地のサポーターは大ブーイングが浴びせ、その後もウェールズ代表FWにはボールを持つたびに罵声が飛んだ。

 その後、一進一退の攻防戦が続いた一戦は、79分にベンゼマが2点目となるヘディングシュートを決めて、マドリーが勝負を決めたかに思われたが、その2分後にエムバペの一撃で一矢を報いたパリSGが、同点弾をねじ込む。

 83分、右サイドを攻め上がったベルナトの折り返しを、エムバペとネイマールが連続でスルーしてドラクスラーがシュート。これは相手DFにブロックされるも、こぼれ球をサラビアが豪快に蹴り込んでニアサイドを射抜いたのだ。

 怒涛のゴールラッシュでパリSGが追いついた一戦は、結局、2-2で終了。終始、試合のペースを握りながら2点差を追いつかれたマドリーだったが、裏のカードで、クラブ・ブルージュがガラタサライと引き分けたため、グループ2位での決勝トーナメント進出を決めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ