• トップ
  • ニュース一覧
  • フィテッセ本田圭佑、186日ぶりの実戦で81分までプレー! トップ下で決定的なシュートを放つも…

フィテッセ本田圭佑、186日ぶりの実戦で81分までプレー! トップ下で決定的なシュートを放つも…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月25日

約10年ぶりとなるオランダのピッチに

フィテッセでのデビューを飾った本田。セットプレーでいきなりキッカーを務めるなど、存在感を放った。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月24日に行なわれたエールディビジ第14節で、本田圭佑が加入したフィテッセが、昇格組のスパルタと敵地で対戦した。

 注目の本田は、いきなりのスタメン出場。年齢と同じ33番をつけ、VVV時代以来、約10年ぶりとなるオランダでの“再デビュー”を飾った。

 前所属のメルボルン・ヴィクトリーでのラストゲームとなった今年5月22日のACLサンフレッチェ広島戦以来、186日ぶりの実戦となったこの試合で、元日本代表MFは4-2-3-1のトップ下でプレー。とりわけゲーム序盤は精力的に動き、攻守にブランクを感じさせないプレーを見せた。

 試合は、10分にバイディングがポスト直撃のシュートを放つなど、序盤はフィテッセペースで進むも、20分過ぎあたりから一進一退の展開に。30分にはショートコーナーからあっさりスパルタにゴールを許し、リードを奪われる。

 その後はなかなかいい形を作れず、本田は低い位置まで下りてビルドアップに絡もうとするなど工夫をみせたが、前半はこのまま終了する。

 後半に入ると、1点ビハインドのフィテッセが猛攻を仕掛ける。51分にCKからマタビジュがヘッドで、55分にはこぼれ球に反応した本田が左足で決定的なシュートを放つも、GKの好セーブに防がれる。

 71分にも左サイドからのクロスを本田がヘッドで狙ったが、DFにブロックされゴールをこじ開けられない。

 その33番が81分に交代した直後に追加点を奪われたフィテッセは、0‐2で敗れて4連敗。本田のデビュー戦を白星で飾ることはできなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ホンダはホンダでも…」本田圭佑、監督が週末のリーグ戦起用を明言とオランダ紙。入団記者会見では軽快なジョークも!
「久保や堂安を僕が活かす」「理想のボランチは…」本田圭佑が東京五輪への熱き思いを改めて激白!
「指導した中で最高の選手」本田圭佑にフィテッセ指揮官が太鼓判! キャプテンは「分かったのは…」
「ダサいけど日本では普通なの?」「目立ちすぎ!」本田圭佑のバレバレ“変装姿”に現地メディア&ファンがツッコミ!
「そんなこと考えながら試合してるんですか?」本田圭佑の“哲学”ツイートにファン反響!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ