「クボがとくに危険だった」「左サイドで際立つ」ゴール演出の久保建英をスペイン紙が称賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月23日

4-4-2の左サイドハーフでプレー

ダニ・ロドリゲス(14番)の同点弾を演出した久保。惜しいシュートも放った。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 チームは敗れたとはいえ、前節に続いて存在感を示したのは間違いない。

 現地時間11月22日に行なわれたラ・リーガ第14節で、マジョルカはレバンテと対戦。前節のビジャレアル戦で待望のリーガ初ゴールを決めた久保建英は、U-22日本代表戦帰りにもかかわらず、4-4-2の左サイドハーフで3試合連続のスタメンを飾った。

 12分に鮮やかなフェイントで2人を抜いて自慢の打開力を見せつけた久保は、先制点を奪われた6分後の58分には、巧みにDFをかわしてゴール正面からシュート。これはGKの正面を突いてものの、前節のゴラッソを思い出させるような一撃だった。

 最大の見せ場は65分にやってきた。右サイドのペナルティーエリアやや外側でボール収めると、オーバーラップしてきたジョアン・サストレに絶妙のパス。この右SBの折り返しをダニ・ロドリゲスが詰めて、同点ゴールとなった。

 73分にロチーナのミドルで勝ち越しを許したマジョルカは終盤、レバンテのMFホセ・カンパーニャが退場したこともあり、猛攻を仕掛ける。後半アディショナルタイム3分には、久保が強烈なシュートを放つも、GKが好セーブ。その前に敵の身体に当っていたが、ハンドは認められなかった。

 さらにその1分後にも、日本代表MFのパスからアブドン・プラツが決定機を迎えるも、シュートはバーを叩き、この直後に終了のホイッスル。マジョルカは2試合ぶりの黒星を喫した。

 勝利には繋がらなかったものの、チームの今季アウェー初ゴールをお膳立てした久保に、現地メディアは高い評価を与えている。

 この得点シーンを「クボが深く抉る素晴らしいパスを送った」と綴った『MARCA』紙は、試合レポートの中で、「マジョルカはクボのいる左サイドが際立っていた。日本人選手は高いクオリティーを見せた」と26番のパフォ―マンスを称えた。

 また『AS』紙も、「マジョルカでとくに危険だったのはクボだった。ビジャレアル戦に続いてゴールを決めようとトライしていた」と評した。

 2戦連続で際立つプレゼンスを発揮した久保。今後も攻撃の中心を担っていく、そんな予感を感じさせるプレーぶりだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ