水戸、「歴史を変える」ために挑む最終節。経営難、リーグ最少観客…危機を乗り越え、J2参入20年目で掴んだ昇格チャンス

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月23日

かつては毎年のようにリーグ最少観客数を記録。1000人を切ることもあったスタジアムが…

最終節を残して8位につける水戸。プレーオフ圏内の6位甲府とは勝点差1。最終節は岡山との対戦だ。写真:滝川敏之

画像を見る

「歴史を変える」

 それが今季の水戸の多くの選手の口から合言葉のように発せられてきた言葉だ。

 今季の水戸は開幕から常に上位争いを繰り広げてきた。前節・鹿児島戦で敗戦を喫して、8位に順位を落としてしまったものの、J1参入プレーオフ圏内の6位とは勝点1差。最終節の結果次第でプレーオフ進出が決まる可能性を残している。

 今季でJ2参入20年目の水戸にとって、J1昇格の可能性を残して最終節を迎えるのは初めての経験である。まさに「歴史を変える」ための一戦となる。

 水戸の歴史は苦難の連続だった。00年にJ2に昇格を果たしたものの、経営難が続き、何度もクラブ存続の危機に立たされてきた。また、ホームゲームのスタンドは毎試合閑古鳥が鳴く状況で、毎年のようにリーグ最少観客数を記録。平日の試合では1000人を切ることもあった。

 それでもクラブは「地域密着」を謳い、地道な活動を続けてきた。特に沼田邦郎社長が就任した08年以降、地域貢献活動に力を入れながら、地域との関係を深めてきた。今では地域貢献活動を年間850回以上行ない、さらに年間約350回も幼稚園や保育園特別支援学校等への「スポーツ教室」を実施してきた。地に足をつけた活動を続けた結果、多くの地元企業から支援を受けられるようになり、存続の危機から脱却することに成功した。

 また、そうした活動を継続したことにより、観客動員も年々増加。07年には2415人だった平均観客数は、16年に5千人を突破。今季はすでに総観客数で16年の記録を更新しており、第40節愛媛戦では今季最多となる9874名の動員を記録。スタンドからの大きな声援が選手たちの背中を押し、勝利を掴み取った。そして、18年には念願の練習場「アツマーレ」が完成。村井満Jリーグチェアマンから「Jリーグ屈指」と称賛されるほど恵まれた環境で日々のトレーニングができるようになった。それも「地域」を大切にしてきた歩みの成果と言えるだろう。

 そうしてクラブとしても、チームとしても力をつけていったことが、今季の快進撃につながっている。すでに過去最多勝点を記録し、リーグが22チーム制となってから初の勝ち越しも決めている。今季のチームはまさに「歴史を塗り替えてきたチーム」である。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ