「ホームで砕け散った」「サポーターも呆然」日本の大敗を海外メディアも驚きをもって報道

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月20日

「日本の見どころは少なかった」

国内組も多数先発に加わった布陣だったが…。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対ベネズエラ代表が11月19日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、森保ジャパンは1-4で敗れた。

 前半だけでエースのロンドンがハットトリックを達成し、計4点をベネズエラに奪われた日本は、後半に交代出場した山口蛍のゴールで1点を返すも、それ以上は反撃できずに終えている。

 この大敗は、海外メディアにも驚きをもって受け止められた。フランス大手紙『L'Equipe』は「日本は1-4というスコアで、ホームで砕け散った」と報じている。

「マルセイユのヒロキ・サカイが欠場したベネズエラとの親善試合で、激しく打ちのめされた。サロモン・ロンドンのハットトリックを含む4点でベネズエラのアドバンテージは明白。日本はホタル・ヤマグチ(山口蛍)のゴールで1点差を縮めたに過ぎなかった」

 また、ブラジル紙『The National』は「ベネズエラ代表は日本に対して初勝利を収める」と伝えている。

「オオサカで今年最後の代表試合を迎えたベネズエラ代表は、前半のわずか45分ですでに4点を奪い、日本を上回った。ロンドンはそのうち3点を奪うハットトリックを達成し、代表での通算記録を30ゴールに伸ばした。確かにベストメンバーではなかったかもしれないが、アジアの強豪である日本の見どころは少なく、唯一のゴールは、70分の山口のゴールのみだった。ベネズエラは、初めて日本に対して最終スコアを上回ったのだ」

 そして、数多くの日本人選手がプレーするベルギー・メディア『walfoot.be』は「セルクル・ブルージュのCBである植田直通とともに、日本はベネズエラに押しつぶされた。サポーターも呆然とした表情を隠せなかった」と伝えている。

 ロシア・ワールドカップでのベルギーとの死闘、招待枠で臨んだコパ・アメリカでの奮闘などで、日本代表の評価は世界的に高まっていたはずだった。そんななかでのホームでの大敗は、少なからず海外メディアにも驚きをもたらしたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ