「本当に、本当に申し訳ないと思っている…」痛恨タックルで号泣した韓国代表FWソン・フンミンが謝罪!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月07日

「この数日間は本当にタフだった」

エバートン戦から中3日で臨んだCLで2ゴールを叩き出したソン・フンミンがタックルについて謝罪した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月6日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのグループステージ第4節で、B組のトッテナム・ホットスパーは、敵地でレッドスターを4-0と打ち負かした。

 グループ突破に向けて大きく前進した一戦で、2ゴールを叩き出して、勝利に大きく貢献したソン・フンミンは、試合後のインタビューで開口一番に謝罪を口にした。

 2得点を挙げた韓国代表FWが謝罪したのには理由がある。現地時間11月3日に行なわれたプレミアリーグ第11節のエバートン戦で、アンドレ・ゴメスに後方からタックル。これによって躓いたポルトガル代表MFは前方から寄せに来ていたセルジュ・オーリエと衝突し、右足首の脱臼骨折という大怪我を負った。

 状況の深刻さを察したソン・フンミンは手で顔を覆って涙を流し、一発退場(後日レッドカードは取り消しとなった)を宣告されて泣きながらピッチを後に……。さらにロッカールームでも泣きじゃくっていたというだけあって、その精神状態が不安視されていた。

 決して普段通りのメンタルではなかったはずだ。それでも2ゴールと目に見える結果を残したソン・フンミンは試合後、英メディア『BT Sports』のフラッシュインタビューで、「この数日間は本当にタフだった」と語った。

「誰もが僕に対して強い励ましのメッセージをくれた。あのアクシデントは本当に、本当に申し訳なく思っている。けど、僕はチームのために集中し続けなければいけなかった。それこそが、僕を支えてくれた人たちへの正しい答えだと思った。この何日かで、自分がどれほど幸せなのかを実感した。ファンやチームメイトに恵まれたのだとね」

 57分に1点目を決めたシーンでは、カメラに向けて両手を合わせ、謝罪するゴールセレブレーションを見せたソン・フンミンは、A・ゴメスに対してのメッセージも改めて送っている。

「僕は自分が置かれた状況と事の重大さを尊重したくて、ゴールを祝うことはしなかった。アンドレ・ゴメスがすぐに回復をしてくれることを祈っている」

“加害者”となったソン・フンミンが公の場で謝罪をしたことで、今回の騒動は収束するのか。プレーに集中できる環境が、一刻も早く整うのを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ