バラバラだったチームを一つにまとめた「監督の思惑」と「愛媛FCのDNA」

カテゴリ:Jリーグ

江刺伯洋

2019年11月07日

この時期の選手マネジメントは悩みの種

主将のFW西田剛(右)と副主将のGK岡本昌弘(左)(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 チームがバラバラのまま終幕を迎えるのか愛媛FCは大きな岐路に立たされていた。

 直近の3試合、36節・アルビレックス新潟戦で0-1、37節・FC岐阜戦で0-2、38節・モンテディオ山形戦も0-3と、いずれも無得点で敗れ今季4度目の3連敗を喫していた。

 試合内容が悪いわけではない。いずれの試合でもチャンスは作れており、目指すサッカーが出来ていないわけではなかった。ただ大きな何かが欠けていた。

 そこには昇格もなく降格圏に沈むわけでもないチームが抱える試合へのモチベーションの低さが影響していた。現在勝点42で16位につけるチームは、降格圏の21位栃木SCとは勝点9差。条件によっては次節にも降格の2チームが決定する状況で、昇格プレーオフ圏の6位水戸ホーリーホックとは勝点22差ある。

 愛媛FCのような毎年主軸にレンタル選手を多く抱える地方クラブにとって、この時期の選手マネジメントの問題は悩みの種だ。

「そこはかなり難しいです」

 川井健太監督はこの数試合、システム変更や選手起用に手を加え、なんとか活性化を試みたが結果は好転しなかった。

 やってきたことにブレはない。問題は自分たちの中にある。ベクトルを内側に向けてもう一度原点に立ち返る。危機感を感じていたのは選手たちも同じで今週はベテランを中心に選手間ミーティングを何度も行った。

「自分だけに集中して楽しくやりたい。でもそれではチームが成り立たない。チーム
を良くしたいから発言する」

 7年目最古参のFW・河原和寿は最も危機感を感じていた一人だ。

 11月3日の39節・FC町田ゼルビア戦。そんな河原の代わりにピッチに立ったのが、在籍6年目の主将のFW西田剛と副主将のGK岡本昌弘だった。

 特に西田は、この日がシーズン初の先発出場。川井監督はチームのピンチに最も信頼のおける切り込み隊長をチョイスしたのだ。

「(チームに与える)メンタル面を求めてたわけではなく純粋に選手として彼を選び
ました。ただ背中からいろんなものを発信する〞臭いは消せない〟タイプなので。今
日も勝手に出ちゃってましたね(笑)」
【関連記事】
【愛媛】クラブ史上初の1部昇格! レディースの来季プレナスなでしこリーグ1部への昇格が決定!!
愛媛加入後、いきなり2連勝!新加入の茂木力也がもたらした化学反応
歴代2位の大記録、20年連続ゴールを達成!愛媛FCで奮闘する山瀬功治の新たな野望
愛媛FCが14年目でホーム100勝目を達成!観客数最下位からの脱却に向け、クラブ一丸で仕掛けたメモリアルマッチの舞台裏
百戦錬磨の山瀬功治が実感する愛媛FCの成長。リーグ後半戦で台風の目に?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ