「僕には日本で試合があるから…」リケルメの豪華引退試合へ招待を受けたイニエスタの返答は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月31日

「次元が違う選手だった」とリケルメに賛辞

リケルメからの招待を受けたイニエスタは、「名誉」としつつも、神戸のために戦う覚悟を示した。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 かつての同僚にして、憧れの名手の引退試合に関して、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタが興味深いコメントを残した。

 アルゼンチン・メディア『Tyc Sports』のインタビューでイニエスタがコメントを寄せたのは、バルセロナ時代に苦楽を共にした元アルゼンチン代表MFのファン・ロマン・リケルメだ。

 2002年にトップチームでデビューを飾った際に、リケルメとチームメイトとなったイニエスタ。当時、アルゼンチンの天才司令塔は、ルイス・ファン・ハール監督との確執から出場機会をほとんど与えられずに、本来の輝きを見せられなかったが、若き日のスペイン代表MFにとっては、憧れの存在だったようだ。

『Tyc Sports』で、イニエスタは、リケルメとのプレーについて、次のように振り返った。

「僕は幸いにも彼とユニホームとトレーニングをともにする機会を得た。彼は、次元が違う選手だった。ボールタッチの仕方とゲームビジョンは他とは違っていたよ。アルゼンチンで彼について話すと、みんなが『別格だ』と強調するのが、その証拠だよ」

 2015年1月に現役引退をしたリケルメだったが、そのお別れ試合は今年12月12日にキャリアの大半を過ごしたボカ・ジュニオルスの本拠地ボンボネーラで開催される。この一戦を彩るゲストには、リオネル・メッシやディエゴ・マラドーナなど、国内外の錚々たるビッグネームが招待されている。

 そんなリケルメの引退試合に招待されているというイニエスタは、出場の有無について、次のように語っている。

「僕らは今でも連絡を取り合っているし、長年に渡って良い関係性を続けているよ。彼の引退試合に出られたら楽しいだろうし、名誉なことだと思う。ただ、僕には日本で1月まで戦う可能性が残されているカップ戦(天皇杯)がある。行くのは難しいだろうね」

 Jリーグは12月7日に終了するものの、ヴィッセル神戸は清水エスパルスとの天皇杯準決勝を12月21日に控えており、「日本は引退しに来るところではない」と語るイニエスタは、神戸での初タイトル奪取に燃えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ