「山形でルーニーとベッカムを発見!」90秒間で超ロング弾2発が生まれた“J2珍事”に英メディアも驚愕!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月29日

「キーパーにとっては恐怖の午後だった」

日曜日の愛媛戦で美しい超ロングショットを決めた山形MF中村。チームのシーズンベストゴールで間違いなし!? 写真:徳原隆元

画像を見る

 日曜日に行なわれたJ2リーグ第38節、モンティディオ山形対愛媛FCの一戦は、ホームチームが3-0の快勝を収めた。その試合のハイライトは、なんといってもふたつの超ロングシュートによるファインゴールだろう。

 38分に柳貴博の得点で先制した山形は、61分に中村駿が目の覚めるような一撃で追加点を奪う。ハーフウェイライン付近で敵のパスをカットすると、そのまま右足を強振! 飛び出していた愛媛GK岡本昌弘の頭上をものの見事に抜く、推定60メートルのロングショットをねじ込んだのだ。

 さらに山形はその90秒後、今度は坂元達裕が3点目を決める。なんと同じように自陣寄りのハーフウェイライン付近で味方のパスを受け、左足で鋭いグラウンダーショットを蹴り込む。ふたたび前めのポジションを取っていた岡本は意表を突かれ、懸命に手を伸ばしたが及ばず、ボールはゴールに吸い込まれてしまったのだ。

 J2リーグで生まれた、わずかな時間での2発のゴラッソ。これを驚きとともに伝えたのが、英紙『The Sun』である。「90秒間でハーフウェイラインから2度もゴール!」と銘打ち、次のように報じている。

「日本のセカンドディビジョン、山形でウェイン・ルーニーとデイビッド・ベッカムを発見だ。彼らがかつて(プレミアリーグで)決めたような超ロングレンジの得点が、驚くべきことに90秒間で2度も決まったのである。しかもナカムラがゴール・オブ・ザ・シーズンとも言えるような一撃を叩き込んだのと、まるで完全コピーしたような形で、サカモトが続いた。どちらも実にセンセーショナルなゴール。キーパーのオカモトにとっては恐怖の午後だったに違いない」

 
 英メディアがJリーグのゴールシーンをピックアップするのは珍しい。それだけ稀有で興味深いニュースに映ったのだろう。

 貴重な勝点3を上積みした山形は自動昇格圏内の2位をキープ。かたや愛媛は3連敗を喫して16位と、なかなか調子が上がらない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ