浦和、ACL決勝へ大きく近づくアウェーゴールを奪取! 興梠がACL日本人最多得点を更新する26点目!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月23日

橋岡からのクロスをヘディングで叩き込む

興梠が先制ゴールを奪った。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 ACLの広州恒大対浦和レッズの準決勝第2戦は、中国の広州天河スタジアムで行なわれている。

 第1戦を2対0と勝利した浦和は、この試合で1点差負けはもちろん、アウェーゴールを奪えば2点差負けでも突破が決まる。

 前半は広州のアグレッシブな試合運びにピンチの連続だった浦和だが、GK西川周作の好守などで凌ぎ、0-0で折り返す。

 すると、後半に入り、50分、浦和は右サイドを突破した橋岡大樹からのクロスを興梠慎三がヘディングシュートで叩き込み、浦和が先制。2戦合計3-0とした。これで、広州は勝ち抜けるためには、4点が必要になり、浦和が俄然有利に。2年ぶりの決勝進出へ貴重なアウェーゴールを奪取した。

 興梠は、自らのACL日本人最多得点記録を更新する26点目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ