【J1ベストイレブン】ゴールを量産する横浜のFWをMVPに!今季最多7度目の選出となったのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月21日

浦和に勝利の大分から2人を選出

【29節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは10月18日、19日に各地で第29節の9試合を開催した。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

 今節を終え残り5試合となったJ1リーグは、上位3チームが1ポイント差の中にひしめく大混戦となっている。

 首位を追いかける3位の横浜は、湘南との神奈川ダービーを3-1で危なげなく制した。その試合で先制点を挙げて勝利を呼び込んだ仲川輝人を今節のMVPに選定。ゴールだでなく、チャンスメークでも貢献した。これで今季12ゴール目となり、日本人トップタイの得点ランキング4位に浮上している。

 前節に首位の座を鹿島に明け渡したものの、神戸に3-1と快勝して勝点でトップに並んだFC東京からは、貴重な先制点でチームを活性化した髙萩洋次郎と、決定機を阻止するなど素晴らしい守備を見せた渡辺剛を選んだ。

 その3チームを追いかける4位広島は、清水に2-1で逆転勝利を収めた。その2得点をアシストし、多くのチャンスを作り続けた柏好文が今季最多となる7度目のベストイレブン入り。敵地で1-0と競り勝ったC大阪からは、決勝点となるゴールを挙げた柿谷曜一朗を今季初めて選出した。

 G大阪と2-2の引き分けに終わった川崎からは、負傷交代した18節以来、久々の先発フル出場でその存在感を見せつけ、ゴールも奪った大島僚太を、G大阪からは脳震とうになりながらも執念のヘッド弾を決めた倉田秋をチョイスした。

 その他では、浦和の猛攻を耐え凌ぎ、アディショナルタイムの1点で勝利した大分から、ビッグセーブ連発のGKの高木駿と、決勝点をアシストしたDFの三竿雄斗。名古屋に2-0で勝利した仙台から、先制点を決め、攻守に素晴らしい働きを見せた平岡康裕。そして、1ゴール・1アシストをマークした鳥栖の金崎夢生を選出した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ