【J1採点&寸評】磐田2-2鳥栖|白熱のシーソーゲーム!MOMは質の高さと気迫を見せた1G1Aのストライカー!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月20日

磐田――大南は慣れないサイドバックで攻守に奮闘

【警告】磐田=大南(18分)、今野(27分)、アダイウトン(77分) 鳥栖=パク・ジョンス(19分)
【退場】磐田=なし 鳥栖=なし
【MAN OF THE MATCH】金崎夢生(鳥栖)

画像を見る

[J1リーグ29節]磐田2-2鳥栖/10月19日(土)/ヤマハ

【チーム採点・寸評】
磐田 5.5
開始早々失点した後はボールを支配したが、動き出しに乏しくパスコースを探る場面が目立つ。相手の守備ブロックにハマりなかなか崩せなかったが、ロスタイムにルキアンのゴールで同点に。後半突き放されるも終盤は反撃に出て追いついたがドローに終わる。


【磐田|採点・寸評】
GK

1 八田直樹 5.5
1失点目は前に出るタイミング次第ではセーブチャンスあり。39分、87分にビッグセーブを見せた。

DF
小川大貴 5
仕掛ける場面が少なく、持ち上がったもパスコースに迷う場面が多い。後半は安の攻撃の圧を受け苦戦。

25 大南拓馬 6
慣れないサイドバックで先発したが、中に絞っての守備も怠らない中で攻撃力を発揮。ゴール前に走り込みDFをつり2得点目をお膳立て。

33 藤田義明 6
アグレッシブさに冷静さも兼ね備えた守備。横パスやバックパスを選ばす、常に前を意識したフィードも評価できる。
2 今野泰幸 5.5  (72分OUT)
ディフェンスラインのカバー、攻撃のサポートと攻守に気の利いたプレーを見せたが、後半疲れが見えた。2失点目は金崎を止められず。

3 大井健太郎 5
長期離脱の復帰戦の影響か試合に入っていけず覇気もない印象。ミスが目立ち、2失点とも対応したプレーに難あり。

MF
14 松本昌也 5.5(79分OUT)
クロスを上げられる場面でヒールパスをしロストするなど、いつもの思い切りの良さに欠ける場面が散見。

30 上原力也 5.5
上下によく動き、攻守に奮闘はしていたが、ボールを奪うもパスが雑になる場面もあり存在感は希薄。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ