「暑い時はライオン、寒い時は…」“王様”イブラヒモビッチ、極寒の地でのプレーオフを前に名言炸裂!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月19日

38歳の名手に寒さの影響は?

年齢を感じさせない圧倒的なパフォーマンスを続けるイブラヒモビッチ。タイトル獲得に向けてプレーオフに望む。 (C) Getty Images

画像を見る

 過去に数々の“名言”を残してきた世界屈指のストライカーが、またも興味深い発言を発した。アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)の強豪LAギャラクシーを牽引する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだ。

 現在38歳とキャリアの晩年を迎えているにもかかわらず、今シーズンも29試合に出場して30ゴール。衰え知らずの圧倒的な成績を残し、チームをプレーオフ進出へ導いている。

 その頼もしいエースを擁するLAギャラクシーは、現地時間10月20日、敵地でミネソタ・ユナイテッドとのMLSプレーオフ1回戦を迎える。

 カナダとの国境と接しているミネソタは、アメリカではアラスカに次ぐ寒さが観測される地域で、「アメリカの冷蔵庫」とも呼ばれる極寒の地だ。

 経験豊富とはいえ、38歳のイブラヒモビッチにとって、そんな場所でのプレーは体力的なダメージは小さくないはずだ。だが当の本人は、クラブの公式ツイッターに公開されたインタビューで「寒さは大丈夫か?」と訊かれ、こう返答している。

「俺はスウェーデンの出身で、雪の中で生まれたんだ。だから、雪が降って寒い時には俺はバイキングなんだ。暑い時にはライオン、寒ければバイキング。どんなコンディションにも適応できるのが俺だ」

 百戦錬磨の名手は、多少の寒さなど意に介していないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ