「グリエーズマンより痛かった」アトレティコのシメオネ監督が退団を嘆いた選手とは?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月11日

グリエーズマンの活躍は「バルベルデ次第」

今夏に多くの主力が退団したアトレティコ。シメオネ監督は新たなチームの構築に迫られている。(C) Getty Images

画像を見る

 アントワーヌ・グリエーズマンというビッグネームの退団が、アトレティコ・マドリーにとって大きな痛手となったのは言うまでもない。

 だが、ディエゴ・シメオネ監督にとって、グリエーズマン以上に痛かったのは、バイエルンに去ったリュカ・エルナンデスの移籍だったという。スペイン紙『Marca』によると、シメオネ監督はラジオ局『Cadena Ser』で「我々にとってもっとも痛手になったのは、リュカ(の移籍)だった」と話した。

「カンテラ出身のリュカの退団は、もっとも大きな傷となった。グリエーズマン以上だったよ。退団は大きなことだった」

 一方で、グリエーズマンは新天地バルセロナで難しい船出となっている。話す機会があったというシメオネ監督は、エルネスト・バルベルデ監督次第でかつての教え子が輝けるはずとの見解を示した。

「彼が去ってからも、たまに話しているよ。彼は自分が望むところにいる。謙虚な男で、あまり話さないが、冷静で明るい。バルサでうまくやれるようになるはずだと疑っていないよ。ただ、すべてはバルベルデ次第だ。わたし次第ではない」
 
 実際、シメオネ監督は自分たちのパフォーマンスを向上させることを考えなければならない。ラ・リーガで3位につけているアトレティコだが、8試合を終えて総得点はリーグワースト6位タイの7ゴールにとどまっている。ジエゴ・コスタとアルバロ・モラタの両ストライカーは、1ゴールずつしか記録していない。

 だが、シメオネ監督は「もっとゴールを決めてほしいけど、心配はしていない」と述べた。

「チームは近年よりも良いプレーをしている。守備から攻撃への切り替えはうまくいっている。ただ、もっとフィニッシュを向上させないとね。2人は我々にとって重要な選手たちだ。素晴らしいパフォーマンスをしてくれるはずだと確信している」

 3ポイント差で首位レアル・マドリー、1ポイント差で2位バルセロナを追うアトレティコは、闘将の下で7年ぶりの国内タイトルを獲得できるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ