「ひとつの重要なポイントだと」先制点を決めた南野拓実が考えるモンゴル戦“快勝”の要因

カテゴリ:日本代表

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年10月11日

「チームとしても早い時間帯にゴールはひとつ欲しかった」

南野はモンゴル戦で先制ゴールを奪った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 6-0 モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム2002
 
 モンゴル戦の均衡を破ったのは、南野拓実だった。
 
 22分、伊東純也が右サイドで酒井宏樹の縦パスに抜け出し、クロスを上げる。これに合わせたのは南野。タイミング良くジャンプヘッドで合わせ、見事にネットを揺らした。
 
 その後は29分に吉田麻也、33分に長友佑都、40分に永井謙佑が加点し、前半のうちに4-0。56分には遠藤航、82分には鎌田大地が得点し、6-0で快勝した。やはり、先制点の重みは大きかっただろう。
 
「前半でゴールを奪えたことで、非常に楽な試合展開になったと思います。それは、こういうホームでの戦いでは非常に重要だと思っていました。やっぱり、チームとしても早い時間帯にゴールはひとつ欲しかった、ということは話し合っていました。前半、特に1点が入れば楽になると思っていたので。点が入ったら、今日は2点3点入ったので、それは良かったと思います」
 では、圧巻の6ゴールを決められた要因は何だったのだろうか。南野は「ひとつの重要なポイント」として次のように語った。
 
「クロスが結構上がっていて、それは今日のひとつの攻撃チャンスになるなと感じていた。だから中でどれだけ早く良い準備ができるかとか、クロスに合わせられるかが、ひとつの重要なポイントだと思っていました。だから、それで先制点が生まれたと思います」
 
 たしかに、南野の言う通り、クロスは多く上がっていた。加えて、守備の枚数はいたものの、ゴール前でのモンゴルDF陣は、マークがかなりルーズでもあった。味方と敵の状況を見極め、巧みな動き出しからドンピシャのヘッド。南野の先制点は、コメントにあるような思考力が生んだ、素晴らしいゴールだった。
 
 これで南野は森保体制における通算8ゴールを記録。まだまだ、日本代表の得点源としての活躍に期待ができそうだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本6-0モンゴル|長友佑都の代表10年ぶり弾などでモンゴルを終始圧倒、アジア2次予選2連勝!

【日本代表笑顔 PHOTO】モンゴルに大勝!笑顔でサポーターの元へ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ