「クルトワより上? 冗談だろ?」「パリSGに帰れ」痛恨ミスのGKアレオラにマドリーサポから非難殺到!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月07日

楽勝ムードが一変

移籍後3試合目の出場となったアレオラ。ここまでは無失点に抑えていたが……。(C) Getty Images

画像を見る

 今夏にケイラー・ナバスを手放したことを、早くも後悔しているか。少なくとも、そう考えているマドリディスタは数多くいるようだ。

 レアル・マドリーは目下、正GKティーボー・クルトワの不調に悩まされている。0‐3で完敗したチャンピオンズ・リーグ(CL)開幕節のパリ・サンジェルマン戦ではアンヘル・ディ・マリアのさほど難しくないシュートを防げず、10月1日に行なわれた第2節のクラブ・ブルージュ戦(2-2)では、格下に前半で2失点を喫して味方サポーターからブーイングを浴びた。

 そして、その試合のハーフタイムにベンチヘ下がったため、一部のメディアで「精神的な不安に襲われて交代した」と報じられた。
 
 マドリーは、3日後に「交代は急性胃腸炎が理由だった」とわざわざ公式声明を出して、報道を否定。真相は藪のなかだが、いずれにしても5日に行なわれたラ・リーガ第8節のグラナダ戦でこのベルギー代表GKはベンチから外れ、ナバスとトレードする形でパリSGから加入したアルフォンス・アレオラがゴールマウスを守った。

 昨シーズンはパリSGで名手ジャンルイジ・ブッフォンと定位置の座を争ったフランス代表守護神は、マドリーでのデビュー戦となったラ・リーガ6節のオサスナ戦でクリーンシートを達成。前述のブルージュ戦でも、後半45分を無失点で凌いでおり、「クルトワより上」という声も上がっていた。少なくとも、この試合の前までは……。

 しかし、首位攻防戦で、とんだ凡ミスを犯してしまう。エデン・アザールの移籍後初ゴールやルカ・モドリッチのゴラッソで3ー0と大きくリードして迎えた69分だった。

 バックパスの処理をもたついたGKアレオラは、後方からプレッシャーを掛けにきたカルロス・フェルナンデスの足をパスを出そうとした瞬間に蹴ってしまい、PKを献上。これを決められて1点を返されると、楽勝ムードが一変。78分にもCKから失点し、一時は1点差に詰め寄られた。

 結局、終盤にハメス・ロドリゲスのダメ押し点が決まり、4-2で勝利したため、大事には至らなかったとはいえ、アレオラのミスについては、マドリーの公式ツイッターに辛辣な批判が寄せられている。

「クルトワより上? 冗談だろ?」
「プレーしたいなら、パリSGに帰れ」
「クルトワよ、戻ってきてくれ」
「1月に(バジャドリーにレンタル中の)ルニンを戻してください」
「ナバスが恋しい」

 この先もGKで頭を悩ませることになりそうなマドリー。ナバスを高く評価していたジネディーヌ・ジダン監督の胸中はいかに……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「背筋が凍る」「ゾッとする」腕が逆方向へぐにゃり…。トッテナム守護神ロリスの怪我に悲痛な声続々
「あ~、またやった」「キャリアが終わったな」再び痛恨の大ポカを犯した守護神カリウスに批判殺到!
「冗談のようなゴール」スアレスの美弾を演出したテア・シュテーゲンの“キャリア初”アシストはこうして生まれた【現地発】
「ついにボトルの栓を外した!」「泣きそう」アザール、絶妙ループでのマドリー初ゴールにファン歓喜!
「なぜジダンは移籍させたんだ?」マジョルカ久保建英が放つ“異才”を南米メディアが絶賛!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ