バイエルンが衝撃の7ゴールでトッテナムに圧勝!24歳FWが4得点の大暴れ

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月02日

先制を許すも鮮やかに逆転

強烈な逆転弾など2ゴールを決めたレバンドフスキ。これで公式戦10戦14発と絶好調だ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月1日にチャンピオンズ・リーグのグループステージ第2節(B組)、トッテナムとバイエルンの一戦が行なわれた。

 試合は立ち上がりから、激しく動く。開始2分にバイエルンのニャブリ、6分にはホームのトッテナムのソン・フンミンがそれぞれGKと1対1のチャンスを迎えたが、ロリスとノイアーの好セーブに防がれる。

 12分には、その2分前にも惜しいシュートを放っていたソン・フンミンが、シソコのパスを受けて右足を振り抜き、先制ゴールを奪う。だがリードも束の間、その3分後にクリアボールを拾ったキミッヒに鮮やかなミドルを叩き込まれ、追いつかれる。

 序盤からハイプレスを仕掛けたホームチームがその後はペースを握り、果敢に攻撃を繰り出す。25分には右SBオーリエの折り返しに、フリーになっていたヌドンベレが合わせるも、ノイアーに阻まれた。
 
 迎えた前半終了間際の45分だった。トッテナム側のエリア内での混戦から、こぼれてきたボールを拾ったレバンドフスキに、振り向き様に右足で強烈な一撃を決められ逆転を許す。

 後半に入って53分、重要な「次の1点」を奪ったのはドイツ王者だった。パバールのパスを受けたニャブリが、ハーフライン付近からドリブルで持ち込み、右足で圧巻のシュートを突き刺す。その2分後にもショートカウンターからこの24歳FWが決めてリードを広げた。

 59分にコマンがローズを倒してPKを与え、これをケインに決められ2点差に追い上がられるも、83分にチアゴの正確なパスを受けたニャブリが独走し、ハットトリックとなるダメ押し点をゲット。さらにレバンドフスキとニャブリが1点ずつを加点し、7‐2で大勝したバイエルンは、連勝で勝点を6に伸ばし、グループステージ最大のライバルであるスパーズとの差を5ポイントに広げ、首位通過に向けて大きく前進した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ