「魅力的なアイデア」「足跡を残すことなく去った」本田圭佑の“ミラン復帰プラン”に、イタリア・メディアは賛否両論

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月01日

「欲しいポジションは監督? 選手?」と困惑も

東京五輪を目指すと公表しつつ、新天地が決まっていない本田。 (C) Getty Images

画像を見る

 本田圭佑は、マンチェスター・ユナイテッドに逆オファーしたのに続き、ミランにも「必要なら連絡をくれ」と呼びかけた。古巣を「助けたい」と思っていると、逆オファーさながら、自身のSNSを通じてアピールした。

 9月29日のセリエA第6節でフィオレンティーナに敗れたミランは、81年ぶりとなる開幕6戦4敗と不振極まっている。降格圏に勝点1ポイント差の16位と低迷し、マルコ・ジャンパオロ監督の解任が騒がれているようだ。

 そのミランに対する本田の呼びかけは、イタリアの各メディアでも多数報じられた。ミラン時代の成績や退団後のキャリア、現在はフリーで、カンボジア代表の実質的な指揮官であることなどが紹介されている。

 そのうえで、欧州スポーツチャンネル『Sky Sports』イタリア版は、本田のツイートを「魅惑的なアイディアが届いた」と報じた。ただし、同メディアで働く移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、自身のサイトで本田の言う「助けの内容が分からない」とも伝えている。

「ベンチのジャンパオロのポストが欲しいのか、再びサン・シーロの緑の芝に立ちたいのか、それは不明だ。確実なことは、ミランはケイスケ・ホンダという新たな候補者をあてにできるということだけだ」

 また、『Fox Sports』は「最大のプロ意識」「素晴らしいシュートと技術のクオリティーを持つレフティーのトップ下」と、賛辞をまじえて本田を紹介した。

 一方、ミランの地元紙『Il Giornale』は、かつてクラブに在籍した際、本田が「期待に見合うパフォーマンスをしていなかった」と指摘。「足跡を残すことなく、2017年の夏に去った」と、助っ人としては厳しいとの見解を示した。

 同紙の指摘の通り、2014-15シーズンの序盤戦こそゴールを量産しかけた本田だが、以降はインパクトを残すことができなかった。その実績に対する厳しい目があることも浮き彫りになった。

 フリーとはいえ、本田に声がかかる可能性は高くないだろう。ただ、ミランが苦境にあえいでいるのも事実だ。果たして、かつての背番号10が復帰するチャンスはあるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ