「いまやクラブに欠かせぬ存在だ!」シャルルロワ森岡亮太が今季5点目を決め、得点ランク3位に浮上

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月02日

得点ランク首位に1点差、日本人選手ではトップに

リーグ戦はここまで9試合で5ゴールと、コンスタントに得点を重ねている森岡。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間9月29日に行なわれたベルギーリーグ第9節で、森岡亮太が所属するシャルルロワはスタンダール・リエージュとのアウェー戦に臨み、1-1で引き分けた。

 「ワロン・ダービー」として現地で異常な盛り上がりを見せる一戦で、シャルルロワの貴重な1点を決めたのが、森岡亮太だ。前半アディショナルタイム、右サイドからのクロスに合わせてニアに飛び込み、GKの足下に叩きつけるヘディングで、先制点を挙げた。

 しかしこのゴールはすぐに認められず、VAR判定が介入。主審が確認する約4分間、スタジアムのムードは次第に物々しいものへと変化し、ホームとアウェーの両サポーターからブーイングが巻き起こり、両クラブの監督がそれぞれ副審に詰め寄るシーンも見られた。

 晴れて4分後、ようやくゴールが認められる。時間差で仲間と喜びを分かち合った森岡は、これで今季リーグ戦5点目。得点ランキングで3位タイに浮上し、6ゴールで1位のデウメルシ・ムボカニ(アントワープ)に1ゴール差と肉薄している。また、ベルギーリーグでプレーする日本人選手のなかでもトップの記録だ。

 試合は後半にシャルルロワが1失点を喫してドローで終えたものの、ベルギー・メディア『LES SPORTS』は「モリオカは、ジブラズ(シャルルロワの愛称)にとっていまや欠かせぬ存在になりつつある」と伝えた。また、『Sporza』はこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに森岡を選出し、「少しずつではあるが、彼にとってのベストな状態に戻りつつある」と評している。

 シーズン後に上位6チームで行なわれるプレーオフ1圏内まで勝点2ポイント差に迫るシャルルロワは、次節にアンデルレヒトをホームに迎える。森岡にとって古巣となる名門は現在13位と低迷しており、監督解任も囁かれている状態だ。

 あるいは森岡が、古巣をさらに窮地に追い込む活躍を果たすか。現地でも注目の一戦となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ