「僕もポルトガル代表になれた。けど…」フッキ、元同僚FWエウケソンの中国代表入りに持論!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月30日

「同じ立場なら…」

中国で活躍しているフッキは、同じ境遇にあるエウケソンの“決断”を尊重した。 (C) Getty Images

画像を見る

“サッカー大国”ブラジル出身のストライカーが、中国代表になるという決断は、驚きをもって世界中に報じられた。上海上港に所属するエウケソンのことだ。

 現在30歳のエウケソンは、2013年1月に広州恒大に加入し、約5年半に渡って中国スーパーリーグでプレー。13年、14年と2年連続でリーグ得点王に輝くなど、助っ人として圧倒的な成績を収めてきた。

 その点取り屋は今年7月に中国国籍を取得して帰化を決断。今月に行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア2次予選を戦う代表チームに招集を受けると、デビュー戦となったモルディブ戦で早速2ゴールを叩き出した。

 もちろん批判の声もある。中国に全くルーツがないからだ。しかし、この決断に対して、賛辞を贈って選手がいる。上海上港でチームメイトだったフッキだ。

 Jリーグでもプレーしたアタッカーは、ブラジル・メディア『Gazeta Esportiva』のインタビューで、この一件に関して持論を展開した。

「長年アイドルとして過ごしてきた中国に帰化することは、彼と中国にとって良いことだ。帰化しようとしている国と強いつながりがあるのは有益だ。長い間プレーしたことがあるなら、中国サッカーのことをよく知っているし、誰もが彼のことを知っている。間違いなく良い決断だと思う」

 さらにフッキは、08年7月に東京ヴェルディから加入したポルトで、公式戦170試合77得点と好成績を残したことから、ポルトガル代表入りの可能性があったことを明らかにした。

「僕も同じ立場だったら、間違いなく帰化するだろうね。ポルトにいた時、ポルトガル代表入りの機会があったんだ。けど、その時は、ポルトガルに来て2、3年だったから断った。僕は若くてブラジル代表でプレーすることを夢見ていたからね」

 その後、ブラジル代表の一員として母国開催の14年ワールドカップに出場したフッキは、「夢が実現できたことに感謝している」と語っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ