「お前を生んだのは売春婦」S・ラモスがダービーで副審に暴言か? お咎めなしに敵将シメオネは「許されるのか」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月29日

D・コスタは8試合の出場停止に

暴言疑惑が浮上したS・ラモス(中央)。最悪の場合はクラシコ欠場の可能性も?(C)Getty Images

画像を見る

 9月28日に行われたラ・リーガ第7節のビッグマッチ、アトレティコ・マドリー対レアル・マドリーの一戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。

 勝点1差の両雄がともにネットを揺らせないままタイムアップを迎えた一戦、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は前半終了後に審判団に抗議していた。スペイン紙『Marca』によると、マドリーの主将セルヒオ・ラモスが「副審を侮辱した」と訴えたようだ。

 シメオネ監督の主張によると、S・ラモスは副審に「お前を生んだのは売春婦」と言い放ったという。アトレティコは昨シーズン、ジエゴ・コスタが同様に「売春婦」という言葉で審判を罵倒し、8試合という重い出場停止処分を科されている。だからこそ、シメオネ監督はS・ラモスへの処分を求めたようだ。
 
 報道によると、アルゼンチン人指揮官は審判に向かって「こんなことが許されるのか。あなたに『お前を生んだのは売春婦』と言ったんだぞ」と詰め寄ったとみられる。ただ、最終的に審判団からS・ラモスに対するお咎めはなかった。

 Marca紙によれば、シメオネ監督は試合後に「ピッチ上のことはピッチにとどまる。だが、副審はセルヒオ・ラモスが何を言ったか知っている」と述べている。

「審判はリスペクトされなければならない。そして、全員のために最善のかたちで状況を扱わなければならない」

 シメオネ監督の主張から、S・ラモスに処分が下されることはあるのか。マドリーは3節後の10月26日にバルセロナとのクラシコが控えているだけに、今後の進展が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「なんて試合、なんて強度だ!」サッカー界きっての“悪童”がラグビー日本代表の歴史的番狂わせに大興奮!
「バモス、クボ!」マドリーの15歳中井卓大がスタンドから久保建英にエール!“先輩”もすぐさま呼応して…
「ゴールを決める感動が分かった」マドリーの“神童”ヴィニシウス、涙のゴラッソ! ジダンも賛辞を贈る
「なんて男だ!」「天才的なゴラッソ」岡崎慎司の芸術的なスペイン初ゴールを現地紙&サポが絶賛!
「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ