「メッシのおかげでいい監督になれた」――モウリーニョ、バルサの絶対的エースへの“感謝”を語る

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月16日

カリスマ指揮官がメッシを称えた理由とは?

モウリーニョ(右)が何度も苦汁を飲まされてきたはずのメッシ(左)へ感謝の言葉を口にした。 (C) Getty Images

画像を見る

“スペシャル・ワン”ことジョゼ・モウリーニョをより特別な存在へと昇華させたのは、現代サッカー界屈指のスーパースターだったのかもしれない。

 これまでの監督キャリアで凄まじい栄光を築いてきたモウリーニョ。そのカリスマ性と圧倒的なパーソナリティーは、他の指揮官とは一線を画す存在だ。

 昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドを追われて以来、フリーの状態にあるポルトガル人監督は、スペイン・メディア『EFE』のインタビューに応じ、これまでのキャリアを振り返るなかで、自らの力を高めた一人のメガクラックの名前を挙げた。バルセロナに所属するリオネル・メッシだ。

 チェルシーがバルサに悔しい逆転負けを喫した2005-06シーズンのチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦で初めてメッシと相対したモウリーニョは、2010年6月から3シーズンに渡って、レアル・マドリーを率いた際にもバルサと何度も対戦。その度にブラウグラーナ(バルサの愛称)のナンバー10には手を焼いた。

 そんなメッシについてモウリーニョは、こう語っている。

「常々言ってきたことだが、私は自分の選手たちに大きな恩を感じている。それから、私の選手ではなかったが、敵として厄介だったプレーヤーたちにも感謝をしているんだ。例えば、メッシだ。私のチームでプレーすることはなかったが、彼とは何度も対戦してきた。

 その度に私をより素晴らしい監督にしてくれたんだ。メッシを止めるための準備をしなければならなかったからね。もちろん、メッシだけでなく、私が対戦した他の偉大な選手たちもそう言えるがね」

 ちなみにモウリーニョのキャリアにおける対バルサ戦の通算成績は、8勝9分け10敗とそれほど分が悪いわけではない。緻密なメッシ対策の賜物とも言えるだろう。

 そしてその努力が、稀代の名将として成功するための糧となったーー。敵将の能力までも引き上げるメッシ。その偉大さを再認識させられるエピソードだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ