「きっと50歳でもゴールを決めるよ」モウリーニョが同胞C・ロナウドの“規格外”を熱弁!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月13日

「なんら驚きはない。真のフェノーメノだ」

ポルトガルが生んだふたりのレジェンド、モウリーニョ(左)とC・ロナウド(右)。両雄がふたたび共闘する日は来るのか。(C)Getty Images

画像を見る

 名将が名手を絶賛だ。

 現地火曜日に行なわれたEURO2020予選、リトアニア対ポルトガルの一戦で、驚異の4ゴール奪取と大暴れしたのがクリスチアーノ・ロナウドだ。ポルトガルの5-1圧勝に貢献し、これで国際Aマッチでの通算得点数を93に伸ばした。アリ・ダエイ(元イラン代表)が持つ世界記録は「109得点」。新記録更新まであと17とし、いよいよカウントダウンが始まった。

 34歳にして、ユベントスでも代表チームでもハイパフォーマンスを連発しているスーパースター。母国ポルトガルのTVインタビューで同胞の英雄を絶賛したのが、ジョゼ・モウリーニョ氏である。レアル・マドリー監督時代の2010~13年にはともに闘い、いまでも親交が厚いという。

“スペシャル・ワン”はC・ロナウドを以下のように評している。

「クリスチアーノがどれだけゴールを決めようが、わたしにとっては驚きでもなんでもない。34歳ながら世界のトップに立ち、トップのチームでプレーし、トップのコンディションを維持している。遺伝子学的にもメンタル的にも彼は常識にはまらない、規格外の存在なのだからね。勝利や記録更新への意欲が人一倍強く、タイトルや個人賞を誰よりも欲しているからこそ、進化が止まらない。真のフェノーメノ(奇才、怪物)であり、もはや彼がなにを成し遂げても、わたしが驚くことはないよ」

 
 ベタ褒めである。さらにポルトガル人指揮官は、ジョーク交じりにこう話した。

「彼はきっと引退して50歳になっても、ゴールを決めているだろうね。FIFAがレジェンド・マッチに招待してみるといい。クリスチアーノはなんら違和感なく、こともなげにゴールを挙げてみせるさ」

 昨年末にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任して以降、モウリーニョ氏はずっとフリーの身。はたしてポルトガルが誇るふたりの“生ける伝説”が、ふたたび共闘することはあるのか。以前は次期代表監督との呼び声もあったが──。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ