ガンバ、宮本監督の交代策がズバリ的中!残留争いのライバル鳥栖に1-0と競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月14日

渡邉千真の今季初ゴールが決勝点に!リーグ戦7試合ぶりの勝利

今季初ゴールが決勝点になった渡邉千真。J1残留へ貴重な勝点3を手にした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月14日、J1リーグは各地で26節の7試合が行なわれた。パナソニックスタジアム吹田でのガンバ大阪対サガン鳥栖の一戦は、1―0でホームG大阪が勝利した。

 この日試合前には、1日限定契約を結んだ、元日本代表でガンバOBの播戸竜二(40歳)の引退発表のセレモニーも行なわれた。

 G大阪は先日移籍加入が発表されたマルケル・スサエタがベンチ入り。ケガで戦列を離れていた藤春廣輝がスタメンに復帰した。

 勝点1差の両チーム。試合開始ファーストプレーで攻め込んだ鳥栖はMFの福田晃斗が強烈なシュートを放ち、CKを獲得するなど前線から積極的に出る。

 対するG大阪も遠藤保仁からのクロスを小野瀬康介がヘディングシュート、鳥栖の金井貢史がゴールライン上でクリアする場面や、相手のパスミスから最後は倉田秋がシュートを放つが、鳥栖GKの高丘陽平がファインセーブ。このままスコアレスで前半を終えた。

 後半立ち上がりも鳥栖が攻め、金森健志のシュートはクロスバー、金崎夢生のシュートはゴールポストに嫌われるなど、惜しい場面をつくり出す。一方ポゼッションで上回るG大阪も宇佐美貴史の強烈なシュートで応戦する。

 流れを引き寄せたいG大阪は、小野瀬康介に代えアデミウソン、パトリックに代え渡邉千真、そして、倉田に代えスサエタを投入。するとこの宮本恒靖監督の交代策がズバリ的中し、G大阪に待望のゴールが生まれる。左サイドでボールを受けたアデミウソンからのクロスを、流れながらも渡邉がヘッドで押し込み、84分についに均衡を破る。渡邉の今季初ゴールが決勝点になり、試合終了を迎えた。

 1-0とリーグ戦7試合ぶりに勝利したG大阪は勝点31とし、降格圏から一歩遠のいた。鳥栖は同27のまま。

 28日開催される次節、G大阪はセレッソのホームに乗り込み大阪ダービーとなる。鳥栖はホームに浦和を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ