「クボはクオリティーが高いし…」マジョルカ指揮官、PK奪取の久保建英を称賛も「落ち着く必要がある」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月14日

最初の交代カードとして投入

ゴールには繋がらなかったものの、PK奪取でファンを沸かせた久保。大きなアピールとなったのは間違いない。写真:ムツ・カワモリ

画像を見る

 現地時間9月13日に行なわれたラ・リーガ第4節で、ここまで1勝2敗で14位のマジョルカは、2位タイと好調のアスレティック・ビルバオをホームに迎え、スコアレスドローに終わった。

 この試合でマジョルカのビセンテ・モレーノ監督が、最初にきった交代カードが久保建英だった。63分にダニ・ロドリゲスに代わって右サイドハーフに入った日本代表アタッカーは、その期待に応えてみせる。

 80分、エリア内で果敢にドリブルを仕掛けて、ユーリのファウルを誘い、PKを獲得。FWアブドン・プラツがこのチャンスを外してしまい、ゴールには繋がらなかったものの、このワンプレーだけでも鮮烈なインパクトを残した。
 
 試合後の会見で、モレーノ監督は「タケはよくPKを取ってくれた」とコメント。そして、「まだ18歳だし、(周囲は)落ち着く必要がある」と釘を刺したうえで、「クボはクオリティーが高いし、(ピッチ上で)それを出すことができる」と称えた。

 また、PK失敗で先制のチャンスを逃したとはいえ、後半アディショナルタイムに相手もPKを外したこともあってか、「強敵を相手に引き分けに持ち込んだ。連敗を止め、ポジティブな雰囲気にする必要があった」と、ドローという結果には満足しているようだった。

 森保ジャパンの一員として、5日のパラグアイ戦、10日のミャンマー戦に途中出場し、この試合の1日前にチームに合流したばかりの久保が、63分という比較的早い時間で投入されたという事実は、指揮官の信頼が高まっている証しだろう。

 モレーノ監督の言葉通り、「落ち着く必要がある」とはいえ、9月22日に行なわれる次節のヘタフェ戦(アウェー)での先発起用、そしてリーガ初ゴールへの期待は、高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ