「冠婚葬祭用は持っているけど…」クロップ監督はなぜスーツを着ないのか? 理由を明かす!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月14日

CLでは「義務だからと言われて」着用していたが…

ジャージ姿で指揮を執るクロップ監督。タッチライン際でチームを鼓舞する姿はお馴染みだ。(C) Getty Images

画像を見る

 欧州のメガクラブは日々、世界におけるブランド力をいかに向上させるか頭を悩ませている。当然、現場に訴求力を求めることも少なくない。指揮官に「スタイリッシュさ」を求めるのもそのひとつだろう。

 だが、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ベンチでスーツを着ない。好むと好まざるとにかかわらず、指揮官に“正装”を命じるクラブも多いが、クロップ監督はジャージ姿を貫いている。

 なぜ、スーツを着ないのか。英『talksport』のインタビューで、このドイツ人指揮官は「冠婚葬祭用のスーツは持っている。着なければいけないと言われた時用にね。だが、私にとって理想的ではないんだ」と明かした。
 
「着なければいけない理由がない。スーツでは着心地が良くないし、息が詰まるんだ。試合の前に自分の身なりを考えなければいけないのは嫌だしね。だから、用具係がくれるもので本当に満足しているんだ」

 さらに、クロップ監督は「初めてチャンピオンズ・リーグ(CL)を戦った時に、義務だからと言われてスーツを着たんだ」とも続けている。

「でも、別の監督がスーツを着ていないのを見て、もやめたんだよ」

「そんなおしゃべりに興味はないんだ。自分がタッチライン際でよく見えたいなんて望んでいない。よく見えなければいけないのは、チームだ。それが目標だからね」

 昨シーズンのCLを制し、ついに欧州王者の称号を手に入れたクロップ監督。自らのスタイルを崩すことなく、情熱的な指導でチームを引っ張る指揮官は今季、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが連覇中のプレミアリーグのタイトルを目指す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ