久保建英、W杯予選における日本代表最年少出場! 風間八宏の記録を39年ぶりに更新

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月10日

81分からピッチに立ち――

世間の注目を集めていた久保建英が日本サッカー史に名を刻んだ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 現地時間9月10日、ヤンゴンで、2022年のカタール・ワールドカップに向けたアジア2次予選が行なわれ、日本代表はミャンマー代表と対戦した。

 この試合、世間の注目を集めていた久保が日本サッカー史にその名を刻んだ。

 中島翔哉と南野拓実のゴールで日本が2点をリードして迎えた79分、久保は中島に代わってピッチに立ち、ワールドカップ予選における日本代表最年少出場記録を塗り替えた。

 18歳と98日での出場は、1982年のスペイン・ワールドカップのアジア予選で、風間八宏(当時筑波大、現名古屋監督)が1980年に記録した19歳67日を更新するものとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【日本2-0ミャンマー|採点&寸評】ゴラッソの中島が最高点! W杯予選初戦で順調な白星スタートも後半の決定力不足は課題
【セルジオ越後】めちゃめちゃゴールを意識していた久保。相当なプレッシャーを感じているようだけど、その原因は…
「クボの技術は申し分ないが…」鳥栖の前指揮官カレーラス氏に直撃!久保建英はマジョルカで成功できるのか?
「まだまだ強さが足りない」久保建英に森保監督が課した“宿題”。飛躍へのキーポイントがそこに──
中田英寿、中村俊輔、本田圭佑…。久保建英が過去の代表スターを超える可能性は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ