「ダイブなんて1回もしたことない!」「意味がない」プレミア屈指の点取り屋ケインが“あらぬ疑惑”に猛反論

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月11日

宿敵とのダービーでも疑惑が浮上し…

ボディーコンタクトに自信を持つケイン。それだけに“ダイブ”の可能性を問われると語気を強めて否定した。 (C) Getty Images

画像を見る

 世界屈指の点取り屋であるハリー・ケインが、自身に対するあらぬ疑惑を真っ向から否定した。

 プレミアリーグで5シーズン連続二桁得点(うち4回は20ゴール以上)を達成し、所属するトッテナムにおいて不動の大エースとなっているケインは、今シーズンも開幕4試合で3ゴールと好調だ。

 しかし、そのイングランド代表FWに対して、一部から懐疑的な視線が送られている。3節のニューカッスル戦と4節のアーセナル戦で二度に渡ってペナルティーエリア内で倒れ込んで、執拗にPKを主張したからだ。

 この行為に対して一部のファンから、「ケインがダイバー(わざと倒れてファウルもらう選手)である」と非難が相次ぎ、物議を醸しているのだ。

 そうした“ダイブ疑惑”に対してケインは、米メディア『ESPN』の取材で、「僕はそんなことをする必要性がない」と一蹴した。

「ダイブなんて1回もしたことがないよ! アーセナル戦の後、あれが五分五分だったと言ったよね。あのプレーは1年前にウェンブリーで戦った時に取られたPKと似ていて、僕らはPKを取られていたんだ」
 
 そう潔白を主張した26歳のストライカーは、さらにこう続けている。

「僕は身体の使い方が巧い方だと思っている。ストライカーとして、すべてのレベルでそうでなければならないからね。だから、ラインの外なら、ああいうプレーはフリーキックになる。エリア内ではそうはならないけどね。

 人の考え方というのは十人十色だ。ただ、僕はダイブみたいなことを狙っていたわけじゃない。ピッチ上で自分のベストを出そうとしただけさ。そして、最も大事なことは、試合に勝つことでしょ?」

 批判に対して、そう弁明したケインだが、しばらくはエリア内で倒れるたびに、敵サポーターから揶揄されるはめになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ