残り1枚のJ1行きチケットをめぐる戦い――「磐田vs山形」を4つのポイントから展望

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年11月29日

「一番勢いがない」磐田と天皇杯決勝進出で盛り上がる山形。

一発勝負の戦いでは何事も起こり得、予想は極めて難しい。写真右は山田(山形)、左は前田(磐田)。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J2は全日程を終了したが、今週末からは1枚のJ1行きのチケットをめぐる最後の戦い、J1昇格プレーオフが幕を開ける。
 
 11月30日にはまず、ヤマハスタジアム(13時開始)でジュビロ磐田とモンテディオ山形が激突。磐田はホームゲームというだけでなく、引き分けなら勝ち上がりという有利点も有するが、一発勝負では何が起こるか分からない。
 
 この一戦を制して、12月7日にジェフ千葉との決勝戦に臨むのはどちらか。両チームの現状と試合でのポイントを紹介しよう。
 
磐田レポート:週刊サッカーダイジェスト
山形レポート:頼野 亜唯子
 
――◆――◆――

POINT 1
「決戦」に向かうチームの状態、雰囲気は?

 
【磐田】
 リーグ最終戦の札幌戦は、前半にFKから先制され、終了間際のパワープレーからの得点でなんとかドローに持ち込んだ。
 
3位確保のためには負けられないはずの試合で、ビハインドの状況でも前の人数が少なく、シュートの精度も欠いた。
 
 結局4位でプレーオフ準決勝を戦うことになったが、さすがにトレーニングでは、張り詰めた雰囲気が漂っていた。「3チームのなかで、うちが一番、勢いがない」とは名波監督。危機感を力に変えて、山形との決戦に臨む。
 
【山形】
 J2最終節は、東京Vに敗れて終わった。7位の大分が敗れたことで辛くもプレーオフ出場権を獲得したが、嫌なムードでプレーオフに突入する可能性もあった。
 
 しかし26日の天皇杯準決勝で、千葉に殊勲の勝利。クラブ史上初の決勝進出で、チームは大いに盛り上がっている。
 
 もっとも、その千葉戦でもミスから失点するなど反省点は少なくなかったが、それがかえって選手たちの気持ちを引き締めている。サブメンバーも「みんなギラギラしている」(萬代)山形。総力体制で、決戦を戦い抜く。


POINT 2 
怪我人や出場停止などの懸念材料は?
 
【磐田】
 CBの森下が札幌戦で負傷し、全治3週間。このところレギュラーを張っていた森下の欠場により、メンバー構成でやりくりの必要性が生じた。
 
 ボランチの藤田がポジションを下げてCBに入るだろうが、代わりに誰をボランチに起用するかが悩ましいところ。紅白戦を見る限りでは、ボールハント能力に長けた田中が有力のようだ。
 
【山形】
 天皇杯準決勝にベストメンバーで臨んだ山形。水曜日に大阪・長居でナイトゲームを戦い、木曜日に山形へ戻って、土曜日にはまたアウェーの地へ移動……。
 
 1週間の準備期間があった磐田に比べ、コンディション上の不利は否めない。山形のサッカーは運動量が生命線なだけに、この点は少なからず懸念される。


【SD写真館】J1昇格プレーオフ――激闘の記憶

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ