「パリSGは最悪のチョイスだった」イカルディの電撃移籍に妻のワンダ・ナラが“爆弾発言”!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月06日

なぜ、パリSG移籍は“最悪”なのか?

愛する夫イカルディ(右)のパリSG移籍を決めた代理人のワンダ・ナラがまたも物議を醸す発言をした。 (C) Getty Images

画像を見る

 花の都パリですら、マウロ・イカルディの妻ワンダ・ナラにとっては「最悪」の新天地だったようだ。

 昨シーズンに首脳陣と衝突し、インテルで構想外となったイカルディは、今夏の移籍マーケット最終日となった9月2日(現地時間)に、パリ・サンジェルマンにレンタル移籍した。6年を過ごしたミラノを離れ、フランスの首都を新たに拠点とする決断を下したのだ。

 一方で、ワンダ・ナラは先日、自身のSNSで「学校初日」と子どもたちの写真を投稿。家族はミラノに残り、夫イカルディが単身赴任となったことを暗に公にした。

 イカルディ夫妻がインテル残留や、移籍する際はユベントス以外を受け入れない姿勢だった理由には、家族のためにミラノを拠点とした生活を変えたくなかったからとみられている。ワンダ・ナラはイタリアのテレビ番組「Morfi, todos a la mesa」で、イカルディの移籍後初めて口を開き、「選択肢の中でパリSG移籍はわたしにとって最悪のチョイスだった」と述べている。

「なぜ、最悪かって? それは、子どもたちと行き来しなければいけなくなるからよ。でも、わたしは彼のことを考えたの。イタリアの多くの重要なクラブが彼のことを望んだし、そちらを選ぶほうが、ずっと快適だったんだけどね」

 サプライズの移籍先として注目されていた母国ボカ・ジュニオルス行きについては、「いつかマウロにはボカでプレーしてほしい。でも、今回はボカから真剣な提案はなかった」と話している。

 代理人業にも勤しむワンダ・ナラは、イカルディ以外の選手のマネジメントについて問われると、「できないわ」と答えている。

「友人の旦那さんたちとか、何人か提案されたけど、私は利益のためにやっているんじゃない。マウロへの愛情で(代理人を)しているの」

 愛する夫のためにパリSGを選んだというワンダ・ナラだが、「最悪のチョイスだった」という発言は、今夏にネイマールの移籍騒動で揺れ、クラブへの忠誠心というものに敏感となっている新天地のサポーターの反発を招くことも懸念されるが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ