欧州主要リーグ移籍市場最終日の動向まとめ! パリSGがイカルディとナバスをダブル獲り。その他にも実力派が次々と…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月03日

目立ったのはパリSGの動き

パリSG移籍を決まったイカルディ。インテルでの鬱憤を晴らせるか。 ※写真はクラブの公式ツイッターより

画像を見る

 現地9月2日の23時(日本時間3日午前7時)をもって欧州主要リーグの移籍市場がクローズし、各クラブの今夏の補強は終了した。

 例年通り、デッドラインデー(移籍期限最終日)は駆け込みで移籍が相次いだ。では、9月2日に決定した主な移籍を紹介しよう。

 最も大きな話題となったのが、インテルからパリ・サンジェルマンに加わったマウロ・イカルディだ。

 昨シーズン途中にクラブと衝突して以来、チーム内で居場所を失っていた26歳のアルゼンチン代表FWは、アントニオ・コンテ新監督の下でも構想外となっていた。

 ユベントスやローマ、ナポリやアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられるなか、本人は「ユーベ以外なら残留」という姿勢を貫いてきたが、最終的には妻で代理人も務めるワンダ・ナラの意向もあって、インテルにレンタル料を含めて合計7000万ユーロ(約87億5000万円)の買い取りオプション付きの期限付きオファーを提示したパリSGに落ち着いた。

 最終日にパリSGが釣り上げた一線級はイカルディだけではない。レアル・マドリーにアルフォンス・アレオラを今シーズン終了までのレンタルで差し出す代わりに、コスタリカ代表GKのケイラー・ナバスを獲得。前日(9月1日)にセビージャからレンタルしたスペイン人GKのセルヒオ・リコを含め、GKの拡充に成功している。

 パリSGと同様に小さくない動きを見せたのがミランだ。フランクフルトからクロアチア代表FWアンテ・レビッチを2年レンタルで手にする代わりに、ポルトガル代表FWのアンドレ・シウバを同じく2年のレンタルで差し出すことになった。

 ほかにも、メルカート最終日には実力派が新天地へ渡った。

 トッテナムを退団してフリーとなっていた34歳のスペイン人FWフェルナンド・ジョレンテがナポリに加入し、アーセナルのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンはローマ、そしてウェストハムに所属していたメキシコ代表FWのハビエル・エルナンデスがセビージャに加わっている。

 3人はいずれも前所属チームで満足な出番が与えられず、出場機会を求めての移籍となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ