超満員のニッパツで横浜が3発快勝! 宮本ガンバは人海戦術で怒涛の反撃を見せたが…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月31日

「パトリック&遠藤」投入でオープンな展開に

技ありミドルで均衡を破ったティーラトン。満員札止めのニッパツが熱狂のるつぼと化した。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ第25節]横浜 3-1 G大阪/8月31日/ニッパツ

 キックオフ直後から攻勢を仕掛けたのは、前節の名古屋戦で5-1と爆発したホームチームだ。

 M・ジュニオールを軸に分厚いポゼッションを展開した横浜F・マリノスは、選手個々がフリーランを繰り返してプレスの的を絞らせない。ガンバ大阪の5バックを左右に激しく揺さぶりながら勝負所を見極め、ボールを奪われても素早いチェックでカウンターの芽を潰した。

 しかしながら、浪速の雄も手をこまねいてはいない。完全にリトリートした守備で横浜の縦へのクサビを最大限にケアすると、徐々に全体のラインを押し上げ、小気味良い速攻を仕掛けるようになっていく。インテンシティーの高いゲームにあって、最初のビッグチャンスを掴んだのはG大阪。30分に矢島→宇佐美とスピーディーに繋いで、最後は福田のショットが左ポストを叩いた。

 にわかに得点の気配が漂いはじめた矢先、均衡を破ったのは横浜だった。39分、扇原の横パスをペナルティーアーク付近で受けたティーラトンが、迷わず自慢の左足を強振。ドライブ気味の回転がかかった球でゴールネットに突き刺した。G大阪GK東口はブラインドとなったか逆を突かれたか、一歩も動けずにボールを見送った。

 
 後半スタートからG大阪は反攻に打って出る。ボールを回す横浜にハイプレッシャーで襲いかかり、マイボールになるや迅速にパスを回し、敵ゴールへの最短距離を模索。だが、せっかくのカウンターも枚数が足らず、宇佐美や小野瀬、倉田らが個で打開を試みるも空回りが続く。横浜の守備網を崩すには至らない。

 すると53分、横浜が超満員に膨れ上がったニッパツのスタンドにふたたび歓喜をもたらす。味方のロングパスに抜け出した仲川がエリア内に侵攻。飛び出したGK東口に右足のシュートはブロックされるも、落ち着いてこぼれ球を中央のM・ジュニオールに送り、ブラジル人MFが無人のゴールに流し込んだ。

 後がなくなったG大阪の宮本監督は、倉田と矢島を諦めて、パトリックと遠藤を投入。5-3-2から4-4-2へ変更、よりアグレッシブなシフトで2点のビハインドを追った。これが奏功し、迎えた67分にようやく1点を返す。遠藤とのパス交換から小野瀬がエリア内に持ち込み、右足ショットでGK杉本のニアサイドを破った。パトリックという明確なターゲットを得たことで、攻撃に幅と厚みを加えて横浜ディフェンスを大いに押し込んだが……。

 75分にG大阪はパトリックが頭で決めた同点ゴールがオフサイドで取り消しに。その直後の78分だった。横浜は仲川の一撃がポストを叩き、それを拾ったU-22日本代表MF遠藤が狙い澄ましたショット! 見事にGK東口を抜いて決定的な3点目をもぎ取り、ゲームの趨勢を定めた。

 終盤は守勢に立たされる時間帯もあったが、アグレッシブな姿勢を失わずにリードを広げてみせた横浜。価値ある連勝で3ポイントを上積みし、優勝戦線に踏みとどまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ