ついにネイマールのバルサ復帰が決まる? 「250億円+トディボ+ラキティッチ+デンベレ」で合意か

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月30日

正式合意の鍵を握るのは…

パリSGからの電撃復帰を目指しているとされているネイマール(左)。その交渉にはラキティッチ(右上)、デンベレ(右真ん中)、トディボ(右下)が含まれる大掛かりなものになるようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ついに、復帰実現の瞬間が近づいているのだろうか。

 バルセロナは現地時間8月27日にパリ・サンジェルマンとネイマールの復帰交渉を試みた。バルサの幹部は以前よりネイマール獲得に近づいたと話したが、トレード要員となる選手の意向も含め、条件を巡っては様々な報道が世界を賑わせている。

 そんな中、スペイン・サッカーに精通するギジェム・バラゲ記者は、両クラブがネイマールの市場価値に関して合意に達していると報じた。

 英公共放送『BBC』でバラゲ記者が明かしたところによると、バルセロナは2億ユーロ(約250億円)のキャッシュに加え、ジャン=クレア・トディボ、イバン・ラキティッチ、そしてウスマンヌ・デンベレのレンタルを加えた条件を提示したようだ。
 

 ただ、バラゲ記者は、バルセロナからパリに向かう選手の意向が鍵を握ると伝えたうえで、3選手は自分たちが取引に組み込まれていることを知らないとしている。

「まだ決まってはいない。大きな橋をかける必要がある。3選手の中で、バルセロナから出ていきたいといった選手はひとりもいないからだ。デンベレの代理人は先日、『200%』バルセロナに残ると言っていた」

 一方で、移籍市場に精通するイタリアのジャンルカ・ディ・マルツィオ記者も、同様の条件でネイマール移籍が実現しつつあると報じた。

 同記者の自身のサイトは、「ネイマールのバルセロナ復帰が決まった」と報道。両クラブが合意したとし、「デンベレのOKを待っている」と伝えている。

 世界最高額での移籍から2年。バルセロナへの“出戻り”がいよいよ現実となりつつあるのか。マーケットのクローズまで4日。最後の動きから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ