「187億円&ラキティッチ・デンベレとの交換」でネイマールのバルサ帰還が加速か? 西仏両紙が一斉に報じる

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月28日

「ラキティッチの譲渡とデンベレの期限付き移籍&金銭」で成立か

バルセロナ側はネイマールを借金してでも買い戻す姿勢のようだ。  (C) Getty Images

画像を見る

 今夏、最も注目を集めているといって過言ではない、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールの去就に、大きな動きがあったようだ。現地時間8月28日、スペイン、そしてフランスのメディアが一斉に「ネイマールのバルセロナ移籍が前進か」と報じた。

 バルセロナへの“帰還”を希望するネイマールに対し、その古巣も買戻しにやぶさかではない。ただ、高額な移籍金を捻出するのは難しく、トレードをオペレーションに組み込んでの契約成立を目指していたが、パリSGを納得される条件は出せていなかった。

 交渉が難航するなか、スペイン紙『MARCA』は26日付けで「バルサは最終オファーとして、1年後に1億7000万ユーロ(約212億5000万円)を支払う買取オプション付きのレンタルを申し入れる」と報じた。だが、どうやら交渉の内容は異なったようだ。

 28日付けのスペイン紙『SPORT』によれば、ネイマールを手放す代わりに、バルサから「イヴァン・ラキティッチとウスマンヌ・デンベレ&金銭」を得るという条件にトーマス・トゥヘル監督がOKを出し、事態は急速に動き始めているという。

 フランス紙『Le Parisien』は、具体的な交渉内容を、このように伝えている。

「バルセロナは、市場で合計2億ユーロを下らない価値があるラキティッチとデンベレのレンタルに加えて、移籍金として最大で1億5000万ユーロ(約187億5000万円)を支払う準備がある。バルサはこの取引を完了するために、銀行から借金をするに至った」

 さらに、「ラキティッチはパリSGへ行くことを承認した。デンベレは完全移籍ではなく、期限付き移籍であることを受け入れる準備が整った」とされる。

 スペインとフランスの移籍マーケットがクローズする9月2日まで残り5日。はたしてこの条件で、ネイマールの2年ぶりのバルサ復帰は実現するのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ