「バンザイ!」「愚かな投資だ」堂安律のPSV移籍に、現地サポーターの反応は真っ二つ

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月28日

「ドブに金を捨てるようなもの」と辛辣な意見も…

熱望していたステップアップ移籍が実現することになった堂安。期待に応える活躍ができるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州主要リーグの移籍市場がクローズするまで、1週間を切った現地時間8月27日、オランダ・エールディビジのフローニンヘンに所属する堂安律が、同じリーグのPSVに移籍することで合意したと両クラブから発表された。今後、メディカルチェックを経て正式にサインするという。

 堂安の移籍話が浮上したのは先々週のことだ。エールディビジ有数の強豪クラブであるPSVが、セリエA・ナポリへの移籍が有力視されていたFWイルビング・ロサーノ(8月23日に正式決定)の後釜として、この日本代表アタッカーの獲得を目指すと報じられた。

 一時は、フローニンヘンの1400万ユーロ(約17億5000万円)という移籍金の要求に、交渉が難航しているとも伝えられたが、オランダ紙『De Telegraaf』によれば、最終的に750万ユーロ(約9億3750万円)でクラブ間合意に達したようだ。
 
 PSVはこの合意を、堂安の似顔絵とともに公式SNSで報告。クラブ初の日本人選手として歓迎の意を表わした。

 ただ、現地サポーターの意見は、分かれているようだ。

「バンザイ!」、「若くて元気なプレーヤーを歓迎する」、「いらっしゃいドウアン!」といったポジティブなコメントが数多く寄せられている一方、「愚かな選択」、「またMFか」、「なぜドブに金を捨てるような真似をするのか理解できない」、「彼が悪いわけじゃないけど、同じポジションにはコディ・ガクポがいることを忘れてないか」といった、クラブの獲得決断に対する辛辣な意見もあった。

 念願のステップアップ移籍が実現することになった堂安だが、当然ながら激しいポジション争いが待ち受けている。

 来年の東京五輪での活躍が期待される21歳の日本代表MFは、オランダ屈指の強豪クラブで躍動することができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ