ACL8強初戦、浦和は槙野&興梠のアウェー弾2発でドロー決着! 上海上港エースのフッキは次戦出場停止に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月27日

後半は上海上港の猛攻に晒されるが…

先制点を挙げた槙野。浦和はアウェーゴールをふたつ奪って9月17日のホームでの第2戦に臨む。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は8月27日、上海体育場で上海上港対浦和レッズの一戦が行なわれ、2対2の引き分けに終わった。

 試合は開始3分、浦和がいきなり先制。敵陣左サイドのFKから相手GKのファンブルを見逃さなかった槙野智章が蹴り込み、ゴールネットを揺らす。浦和が貴重なアウェーゴールを奪って1点をリードする。

 その後は、フッキ、オスカールら元ブラジル代表を揃えた上海上港が反撃に出るものの、浦和は組織立った守備で隙を見せない。すると30分、長澤和輝からのフィードに抜け出した興梠慎三が、DFに寄せられながらもしぶとく右足を振り抜き、ネットを揺らす。浦和が2点目を奪った。興梠は、自身のACL最多得点の記録を24に伸ばした。

 前半は、2-0で浦和がリードして終了した。

 しかし、後半は一転して上海上港の攻撃が火を噴く。立ち上がりの48分、左サイドでボールを受けたオスカールがドリブルで仕掛けると、これが浦和DFのファウルを誘ってPKを獲得。このPKをフッキがゴール左に沈め、1点を返した。

 さらに51分にはカウンターからオスカールが持ち上がると、最後はフッキが左足で決定的なシュート。しかしここは、左ポストを直撃し、浦和はなんとか難を逃れた。

 そして71分、リュ・ウェンジュンのシュートをブロックしたマウリシオがペナルティエリア内でのハンドを取られ、浦和はまたしてもPKを献上。フッキに、この日2つ目のPKを決められ、試合は振り出しに戻された。

 結局、試合は2-2の引き分けで終了した。次戦、浦和はマウリシオが、上海上港はフッキが出場停止となっている。
 
 第2戦は、9月17日に舞台を浦和のホーム、埼玉スタジアムに移して行なわれる。浦和は2つのアウェーゴールを奪っており、0-0、1-1の引き分けなら準決勝進出となるだけに、この有利な状況を活かしたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ